注目のアーティスト インタビュー・コメント 音楽ニュース

MASKのMINAMIを中心に、KEKEなど個性派メンバーが集まり誕生したAMBEEK。始動ライブは、2月11日。既成の枠にとらわれない無限の可能性を体感せよ!!

2018年12月23日




 

  AMBEEK(アンビーク)=「ambience(音場感、臨場感/音を囲む)eek(キャーッ!、ワーッ!などの叫び)=みんなと音で囲った中で騒ぎたい」 。先に断っておくが、バンド名は造語だ。なぜ言葉を作ったのか。それは、彼らが既成の枠には収まり切れない可能性を秘めているからだ。メンバーは、KEKE(Vo:NOW)/takuma.(G:NOW)/つかさ(G:ex-bis/★NOハウス)/銀也(B)/MINAMI(Dr:MASK)5人。バンドは、20181214日より正式に始動。2019211(月・祝)に渋谷REXを舞台に主催ライブを行う形で本格的に動き出す。

  AMBEEKは、MINAMIとつかさが手を組む形で始動。彼らの意思へ、NOWとして活動をしていたKEKEtakuma.が賛同。さらに、銀也が加わる形で産声を上げている。バンドの楽曲を作りあげているのは、takuma./つかさ/銀也の3人。その音楽性について、KEKEがこのように語ってくれた。

 

  Short Lyric Videoとしてもアップしている『存在証明』も作っている銀也の楽曲はどれも、イントロの時点でパンチ力がすごく強いから、そのまま最後まで聞きたいと思える内容ばかり。しかも、1曲の中での展開が多ければ、メロディーは一緒でもバックで鳴っている音が異なるように、すごく細かいところまでこだわって作る人。何より、歌い手を刺激してゆく楽曲を持ってくる人です。

  つかさは、僕の歌声の生かし方をすごく考えた曲を作ってくる。僕がソロヴォーカリストとして活動していた頃からの歌唱スタイルを熟知しているように、今まで自分で歌ったことのないタイプにも関わらず、歌うとKEKEらしさを遺憾なく発揮していける曲ばかりを作ってくるところは流石だなと思います。何より、バンギャルさん受けしやすい楽曲を作ることを魅力にしている人。

  takuma.とは、もう8-9年くらいの関係性。ビートの効いたストレートなロックを筆頭に、僕の好きな感じをわかっているように、歌い手を生かす曲を作ってくる。まさに三者三様だけど、そのバランス感が絶妙でいいなぁというのが、歌い手側から観たAMBEEKの楽曲についての感想ですね」(KEKE)

 

  KEKEは、AMBEEKの全楽曲の作詞を担当。気持ちの内側を痛く抉る内容が多いのも特色だ。とはいえ、本人は「攻撃的や内向的な感情ばかりではなく、そこへ前向きさを。最終的には、しっかり前を向いて進んでいける想いを投影しています」(KEKE)と語るように、痛みを共有しながらも、触れた人たちの心へ光を与えてゆく面も、AMBEEKの歌詞の魅力を形作っている。

 

  AMBEEKは、2019211(月・祝)に渋谷REXを舞台に行う主催ライブの日より始動。共演バンドとして、defspiral/-168-/Initial'Lが参加。葵-168-の葵とMINAMIMASKのメンバーどうし。しかもMINAMIは、葵-168-のドラマーとしても参加している関係。defspiralは、MINAMIが信頼している先輩バンド。Initial'Lは、ドラマーの一朗と銀也が以前同じバンドメンバーだった関係から共演が実現。強烈な布陣と、AMBEEKがどのような戦いぶりを見せるかが楽しみだ。チケットは、1222()より発売になる。ぜひ、手にしていただきたい。最後に、211日に行う主催ライブに向けてのメンバーたちの言葉を記そうか。

 

takuma.  お客さんたちにAMBEEKのライブを楽しんでもらうためにも、まず自分が楽しむことが大事になっていく。メンバーらのライブを楽しんでゆく姿に触発され、観ている人たちも楽しくなる。そういう最高の場所を最高の空間を提供してゆくので、211日の渋谷REXに足を運んでくれたら嬉しく思います。

つかさ  たくさんの娯楽があふれている世の中の一つとして、音楽という娯楽がある。今、音楽業界が厳しいと言われている中、なんで僕らが新しいバンドを始めるのか。その意味を、211日のライブを通して感じ、理解して欲しいなと思います。

銀也  AMBEEKはまだまだ未知数であり、お客さんたちと一緒に成長してゆくバンド。これからAMBEEKがどんな風に成長していくかは自分たちでもわからない。だからこそ、楽しみにもしていること。僕ら自身も、211日のライブを今から楽しみにしています。

KEKE  「みんなと音で囲った中で騒ぎたい」という意味を持つAMBEEKというバンド名の通り、211日は、自分たちはもちろん、共演してくれるバンドの方々、ファンの人たち、みんなを取り囲んでワーッ!キャーッ!騒ぎたい。そんなバンドの姿勢を示す旗揚げの日になるからこそ、AMBEEKという名前に相応しいライブをやれたらなと思っています。

MINAMI  今、AMBEEK211日の始動ライブに向けてバンドを組み上げている最中です。おそらく、その日になっても5人の力だけではバンドを100にまで持っていくのは難しいこと。そこへお客さんたちの気持ちも加わってこそ、AMBEEKは初めて100の力を手にしていける。AMBEEKはまだまだ未完成のバンド。むしろ、ファンの方々も交え一緒に成長し続けてゆくバンドにしたいように、共にゼロからAMBEEKを作りあげたいなと思っています。211日、ライブを通して想いを交わしあいましょう。

 

TEXT:長澤智典

 

AMBEEK  Web

www.ambeek.online/

AMBEEK  twitter

twitter.com/Ambeek_official

AMBEEK YouTube

www.youtube.com/channel/UChTh8G8rk1LQcDzKtyQQIBg/featured            

 

★映像★

 

存在証明-lyric MOVIE-

 

LIVE情報

 

イベントタイトル:アンビエンス.イーク

会場名:渋谷REX

公演日:2019/02/11(月/祝)

CAST

AMBEEKdefspiral、葵-168-Initial’L (順不同)

開場17:00 / 開演17:30

前売券¥4000(D) / 当日券¥4500(D)

12/22()10:00より発売

購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)

sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002280529P0030001

()SHIBUYA-REX / TEL:03-5728-4911







    • この記事を書いた人
    Muses - ミューゼス編集部

    Muses - ミューゼス編集部

    音楽コミュニティサイト「Muses - ミューゼス」では、全国の音楽好きのみなさんの投稿記事を募集しています。 バンドマン・アーティストの方の投稿も歓迎 です。

    - 注目のアーティスト, インタビュー・コメント, 音楽ニュース
    -, , , , , , ,

    Copyright© Muses - ミューゼス , 2019 All Rights Reserved.