注目のアーティスト インタビュー・コメント

FullMooN インタヴュー




女の笑顔の裏には鬼のような邪悪な本音が潜んでる?!FullMooN、最新シングル『疑心暗鬼』を通し、憎悪・狂恋・萌心と3つの本性を暴露!!

 

「悪の組織BlackMooN(ブラックムーン)から青い月(地球)を守る為に集結。『音楽』を武器に戦う最強のサブカルチャーガールズロックバンド」をコンセプトに活動中なのが、FullMooN(フルムーン)。彼女たちは、320()に最新シングル『疑心暗鬼』を発売する。

  本作には、女性が心に秘めた本性を詰め込んできた。その鍵を握るのが、「憎悪」「狂恋」「萌心」という3つの感情。それを記したのが、収録した曲たちになる。今回、彼女たちが楽曲に詰め込んだ想いを語ってくれた。

 

まさにFullMooNらしさを発揮した最新シングルの『疑心暗鬼』。

 

――FullMooNの最新シングル『疑心暗鬼』が320日に発売になります。まずは、この作品を作るに当たっての狙いから教えてください。

ねね  以前から、「次に出す新しい作品には、ライブで評判の高い『疑心暗鬼』と『キンモクセイ』を収録しよう」という話をメンバー内でしていたように、今回のタイミングに合わせ、ライブで育て続けてきたこの2曲の収録を最初に決めました。そのうえで、FullMooNの新しい魅力となる""の要素を取り入れた『泡沫狂恋物語』を新曲として作り、計3曲入りの作品に仕上げています。

けい  『疑心暗鬼』は、わたしがFullMooNのサポートギターを担っていた頃から演奏しているように、1年以上はライブで温め続けてきた楽曲だからね。

えれん  前作の『AncientMooN』がミニアルバムだったように、『Lost a moment』以来、約1年半ぶりにシングル発売できたのも嬉しかったことなんです。

――表題曲の『疑心暗鬼』には、「何があっても自分たちはFullMooNという生きる場を守る」という強い決意を描きました。

ねね  『疑心暗鬼』の歌詞を書いたのが、前のメンバーが辞めた昨年春頃の時期。その頃に人に対して疑心暗鬼を抱いたというか、「あなたたちは去っていったけど、わたしはこの場所をずっと守り続けるし、絶対に見捨てないから」など、心の中にあったいろんなモヤモヤとした感情を一気に歌詞の中へ吐き出しました。FullMooN420日で活動7周年を迎えますけど、長くやり続けていく中でいろいろ考えを巡らせることも日々ありますからね。

えれん  むしろ、『疑心暗鬼』は今のFullMooNが進むべき方向性を明確に示した楽曲でもあるように、これを提示したことで、よりバンドとしての意思を強く押し出せたなと思ってる。

ねね  『疑心暗鬼』って、もともとシングル用に作った楽曲だったからね。じつは、シングル『Lost a moment』を出した頃から「やっぱしFullMooNは良質なメロディを活かした曲が似合うバンドだよね」「FullMooNが活かすべき点はそこだよね」という話をしていたように、それこそがFullMooNの特色だというのはメンバーも感じていたこと。だからこそ、コードに合わせたメロディを作るのではなく、先に作り上げたメロディに演奏も合わせる形で『疑心暗鬼』を作りました。

りん  『疑心暗鬼』をライブで初披露したときから、ライブで演奏している今も、「あれは何って曲??」「いい歌だよね」という声をいただいてきたように、お客さんたちからの反響もいい感じで返ってきているからね。

えれん  しかも、ライブで演奏を重ねながら少しずつ楽曲をブラッシュアップさせてきたように、今回は、まさにベストな形で収録することができました。

ねね  それまで、「何時、作品にするの?」と言われ続けてきましたが()。満を持して、ついにシングル作品として出すことが決まりました!!

 

一体、誰に対しての『疑心暗鬼』??!!

 

――『疑心暗鬼』を書いた当時と今を比べた場合、歌詞を受け止める気持ちにも変化は生まれているのでしょうか?

ねね  今は、しっかりメンバーも固まっていれば、バンド自体により一体感が出ているなとは感じています。怒りや焦りや不安などがいろいろ混じり合っていたあの頃の感情も、今は客観的に受け止められるようにもなりましたからね。

――メンバーそれぞれ、『疑心暗鬼』に込めた想いも聞かせてください。

けい  『疑心暗鬼』は、自分の好きな曲調のようにギターのフレーズも乗せやすかったし、弾いてても気持ちの良い楽曲なんですね。アレンジ面でも、ちょっと和風なテイストを入れたのにも理由があって。それが、新曲の『泡沫狂恋物語』が和要素の強い楽曲ということから、シングル全体に和の香りを描き加えようという話になり、『疑心暗鬼』にも少し和テイストを取り入れたという流れがあってのことでした。

えれん  『疑心暗鬼』がかっこいい歌もので、『キンモクセイ』も同じく綺麗な歌もの。そのうえで、『泡沫狂恋物語』という和要素とメタル要素を強めた曲を加えたように、結果、今回のシングルはとてもバランスの取れた作品に仕上がったなと思います。けいも言ってたように、『疑心暗鬼』は聞いてて心地好い楽曲のように、今のFullMooNの魅力をストレートに押し出せた歌になったなとも感じています。

りん  『疑心暗鬼』はバンドが一番大変だった時期に生まれた楽曲のように、今でも歌詞を読むたびにあの頃の気持ちを思い返せば、だからこそ「絶対に続けよう」という決意を持ってプレイに臨む気持ちにもさせてくれます。『疑心暗鬼』に記したようなことが生まれるたびに、人と人との繋がりって難しいなぁと感じます。血の繋がっている家族の中だって気持ちを繋ぎ合わせるのは大変なことなのに、血の繋がっていない人たちどうしで関係を深めてゆくって本当に難しいこと。もともと他人から始まっているからこそ、より深く関係を深めることもできれば、それによって深く傷つくこともある。そういう想いも抱きながら、わたしは何時も『疑心暗鬼』を演奏しています。

ねね  『疑心暗鬼』の歌詞の特徴が、よくあるサビで同じフレーズを繰り返すのではなく、同じ歌詞が一つとしてないこと。それだけいろんな感情が渦巻いていれば、言いたいことがたくさんあったし、それを書きつらねた楽曲です。ただし、書いたのは不満ではないので、そこは勘違いしないでください。「なんでそうなってしまったんだろう??」と首を傾げつつ、「でもわたし達は頑張るもーん!!」という感じなので、そんな風に受け止めてください。

 

『泡沫狂恋物語』に込めた、ストーカー気質な女性の恋心??!!

 

――2曲目は、和要素を強く押し出した『泡沫狂恋物語』になります。

えれん  ここまで和要素を全面に押し出した楽曲は、FullMooNとしては初めてになります。

ねね  歌詞は、一週間くらいかけて書きました。

けい  漢字の意味がわからない以前に、難しすぎて読めない()

ねね  タイトルは、『泡沫狂恋物語(うたかたきょうれんものがたり)』になります。題名に"泡沫"と名付けたように、儚くも綺麗な恋愛の歌と思われそうだし、実際に始まりはそうなんですけど。物語が進むにつれ、だんだん感情が露になり、何時しか「あなたがいないのなら死んだほうがまし」など気持ちが狂気じみていくんですね。そこから"狂恋"という言葉も持ってきました。

――恋愛って、想う気持ちが深くなるほどそうなっていきますよね。

ねね  とくに女性は、そうなのかなと思います。あっ、けっしてこの歌の主人公はわたしじゃないですから。あくまでも、昔の女性の心情を代弁してのことですので。

えれん 今回のシングルのジャケットで、ねねが般若のお面を持っているのは、女性が心の中に隠し持っている表情を現してのことなんです。

ねね  『泡沫狂恋物語』には、死後の世界で会えたらみたいなことまで書いていますからね()

りん  ちょっとストーカー気質な()。でも、心が純粋であるが故に、あまりにも愛しすぎてそうなってしまうというか。個人的に、落ちサビBのパートでヴォーカルを追いかけるようにベースを弾いている部分が、自分で演奏していてもすごく心地好さを覚えるところ。そこも聞いて欲しいし、全体的にも、聞けば聞くほど癖になって抜けられなくなる楽曲です。

――まさに、ストーカー気質な気持ちにまで導く歌だ。

りん  あっ、そういう捉え方もありですね()

えれん  ギターの面でも、『泡沫狂恋物語』ではけいがリードを担当し、女性の持つ愛しさ込み上げる感情を弾けば、わたしは女性の重い心情をバッキングを通し重い音に変えて伝えています。あと、ギターソロでの2人のハモリも魅惑的な聞きどころになっています。

けい  『泡沫狂恋物語』は、ツインギターの魅力をかなり意識して投影した曲。とくにリードギターでは三味線をギターで弾くような感覚を持って弾いたように、和な感じを強く心がけて演奏しています。ぜひ、そこも聞いてください。

 

「君を好きになるもっと好きになる」、『キンモクセイ』は恋する乙女の恋心が膨らむ歌。

 

――『キンモクセイ』も、すごく歌心を持った楽曲ですよね。

えれん  『キンモクセイ』は、最初から綺麗な歌ものをということで作りました。原曲は、社長の友人が提供してくれたものなんですけど。とてもデジタル寄りになっていたことから、歌メロは活かしながらも、同期を一切排除し、FullMooNらしい生音だけで攻める形にしようとアレンジし、今の形になりました。

――金木犀を題材にしているように、舞台は秋になります。主人公の、恋する想いが膨らんでゆく様がとても素敵だなと感じました。

ねね  わたし、金木犀の香りがすごく好きなんです。歌詞にも「雨上がり 久しぶりの日差し なんか君を思い出す」と書いたように、本当に久しぶりに雨が上がり、日差しの差した日に外を歩いていたんですね。そうしたら金木犀の香りが漂ってきて。そこから想いを膨らませだしたら、恋する想いまで膨らんでしまいました()

――「好き」という気持ちが、どんどんかわいく膨らんでゆく様に胸がキュンとします。とくにサビの部分、めっちゃドキドキさせますよね。

ねね  そうですか?!。いひひひひひっ、にゃひひひひっ、ふぇへへへへ()

――とても心情がリアルに見えてくる歌ですよね。

ねね  とにかく、爽やかな歌詞を書きたかったんです。

えもん  Bメロの歌詞とか、すごくルンルンしてるからね。

ねね えへっ、にひひひひっ、ひゃひひひひひ()

りん  『キンモクセイ』は、聞くたびに「いい曲」と思えます。ただ、ベースの面では自分なりに新しいことへも挑戦したように、演奏は苦労しました。中でも、Aメロ部分の休符を活かしたプレイにも注目してください。

けい  『キンモクセイ』では、わたしがメインでバッキングを担当しています。わたしも、『キンモクセイ』の歌詞は(胸に)スッと入ってくるように大好きな歌です。とくにサビ歌の「君を好きになるもっと好きになる」という素直な想いがいいですよね。わたし、そこはハモリを担当しているように、ライブでもねねと綺麗にハモれるように頑張ります。

ねね  なんか、みんなの歌詞の感想を聞いてたら恥ずかしくなってきた()

けい  まさか、『疑心暗鬼』と同じ人が歌詞を書いてるとは思えないような内容だからね。

ねね  そう、思われるよね。でも、女性って『キンモクセイ』のよう乙女のような可憐な気持ちもあれば、『泡沫狂恋物語』のように想いが強くなるあまり狂気的な想いに駆られることだってあるし、『疑心暗鬼』のように鬼のような怖さだって隠し持っているものなんです。まさに、「鬼のような感情、思い込む情熱、優しい心模様」など、女性の中にある感情を全面に描きだしたのが、今回の『疑心暗鬼』というシングルですからね。

えれん  だから、ねねが般若のお面を持ったジャケットにしたわけです。

りん  まさに、ガールズバンドにしか出せない感情を描いた作品です。

けい  ストーカー一歩手前の恐ろしい作品です()

ねね  何度も言いますけど、主人公はわたしじゃないですから。いや、わたし??…いや、わたしじゃないですから()

 

FullMooNの推し曲は『泡沫狂恋物語』??!!

 

――完成した、シングルの『疑心暗鬼』。それぞれ「どんな作品」になったのか教えてください。

ねね  どれもいい曲なんですけど、これまでのFullMooNにはなかった表情の『泡沫狂恋物語』には注目して欲しい。

りん どの曲も、聞いた人にひっかかる楽曲ばかりを収録しています。わたしも『泡沫狂恋物語』は聞くたびに癖になる楽曲だから、よく聞いています。

けい  今回のシングルは、個性の強い曲をバランス良く並べられたように、自分好みの曲を見つけてください。わたしも、和要素への試みは初めてだったことから『泡沫狂恋物語』推しです。

えれん  収録した3曲は、春時期のFullMooNのライブの中心曲として演奏していきます。なので、春シーズンのFullMooNのライブを楽しむうえでも、シングル『疑心暗鬼』をヘビロテしてください。

 

恒例、インストアイベントでサインする私物、あなたは何を持っていきますか?

 

――321日には、ディスクユニオン新宿ヘヴィメタル館を舞台に、恒例となった発売記念のインストアイベントが行われます。この日は、メンバーが私物にサインをすることでも知れ渡っています。

えもん  今回も、みなさんがどんな変わった私物をサイン用に持ってきてくれるのか楽しみです。

ねね  だけど、うちらが何時もそういうことを言うから、前回なんか「普通の私物でごめんなさい」と言われちゃったからね。もちろん、凝ったものでなくて構わないし、そのとき手持ちしているものでもぜんぜん問題ないですからと言いつつ、何を持って来てくれるのかプレッシャーもかけておきます。確か前回、サバイバルゲーム用に使う銃のケースを持ってきてくれた人がいたよね。

けい  楽器ケースを持ってきたりね。

りん  でっかいCDプレイヤー(ラジカセ??)を持ってきた人もいた。

ねね  あんな重いもの、よく持ってきたなと思います(君たちが言ったんですからね)

えれん  サボテンのぬいぐるみもあったよね。

けい  毎回、お客さん側もネタを仕込むのが大変そうだけど

ねね  だけど、今回も頑張ってください。それも込みでのインストアイベントなので。

3  鬼だ……

えれん  それとですね、今回はタワーレコードさん用のCD予約特典として、着せ替えジャケットがついてきます。

ねね  こちらは黒魔術なホラーバージョンで、ジャケットを観たうちの家族が「怖ーい!!」と言ってました()。そしてディスクユニオンさんの予約特典として、和姿なメンバーそれぞれの生写真を4枚ランダムに用意しています。

けい  どれが当たるかは運次第。

りん  今は、CDを買っていただけるだけでもありがたいことですからね。

 

LIVE DVDの見どころは、なんと言っても"ローリングねね"の姿です。

 

――3月より、会場限定販売でLIVE DVDWOMEN'S POWER SPECIAL 2018 2018/12/13 渋谷 TSUTAYA O-WEST』が発売になりました。

りん  このLIVE DVDは、けいさんが正式メンバーになって初の映像作品。じつは、ちょうど1年前に出したLIVE DVDにもけいさんは映ってるんですけど、そのときはまだサポートメンバーだったからね。今回のLIVE DVDの見どころは、なんと言っても"ローリングねね"の姿です。

――ローリングねね??ですか

りん  ねねが床の上で転んで転がっていくんですけど、その姿をカメラがずっと追いかけています。

ねね  しかも、わたしが転がっていることに気づかないえれんちゃんにゴリッと踏まれ

えれん  そんな事件が起きてたなんて、まったく気づかなかったからね。

けい  その瞬間も、ばっちり映っています。

ねね  最期に、対バンしていた仲良しのガールズバンドが乱入してきて、わたしが埋もれて見えなくなり()

りん  ライブならではの見どころがここには詰め込まれているので、ぜひ観てください。

 

ゴールデンウィークはFullMooNのために全部空けとけぇーい!!

 

――420日には、「FullMooNねね生誕祭~春の7周年感謝祭~」をThunderSnake ATSUGIで行います。

えもん  この日は、ヴォーカルのねねの生誕祭と、FullMooNの結成7周年を一緒に祝う主催イベントになるのですが

ねね  このライブには、今から予定を空けて絶対に来て欲しいです。この日は、FullMooNがいろいろと新たに生まれ変わる日であり、大事なお知らせもしますから。

――けっして疑心暗鬼になるような発表ではないですよね。

ねね  すごく前向きな発表です。疑心暗鬼にはさせませんから。

けい  さらに、ゴールデンウィークは、FullMooNのために予定を空けといてください。その時期は連日のようにライブが入っているように、すっごく楽しいゴールデンウィークになりますから。

りん  名古屋や大阪など地方にも足を運ぶので。

ねね  なので、ゴールデンウィークはFullMooNのために全部空けとけぇーい!!

 

 

TEXT:長澤智典

 

FullMooN  twitter

twitter.com/FullMooN_tw

FullMooN  Web

www.tatenaga.net/

 

★インフォメーション★

 

『疑心暗鬼』/FullMooN

発売日:2019320

レーベル:ジリオンモードプロダクション

規格番号:ZMR-021

販売価格:\1,500/\1,620(税抜/税込)

JANコード:4582486290213

 

ガールズロックバンドFullMooN

待望のNEWシングル「疑心暗鬼」発売!

 

最強のサブカルチャーガールズロックバンドFullMooN

待望の最新作「疑心暗鬼」現代社会に生きる彼女達の想い。儚さ、不安、希望、を今作もFullMooNらしくハードでスピーディーかつメロディアスな楽曲で纏め上げている。

初の日本語タイトルとなる今作は、ジャケットからも和の要素が連想されるFullMooNにとっても初めてとなる試みである。完全未発表曲「泡沫狂恋物語」も収録した最新必聴盤!

 

曲目

1.疑心暗鬼

2.泡沫狂恋物語

3.キンモクセイ

4.疑心暗鬼(Instrumental

5.泡沫狂恋物語 (Instrumental

6.キンモクセイ(Instrumental

 

メンバーリスト

Vocal ねね

Guitar えれん

Guitar けい

Bass りん

 

FullMooN『疑心暗鬼』発売記念インストアイベント

◆日時:2019321(木・祝)  15:00スタート(整列開始 14:50~予定)

◆場所:ディスクユニオン新宿ヘヴィメタル館

◆内容:私物サイン+写真撮影会

≪参加方法≫

ディスクユニオン新宿ヘヴィメタル館にて3/20発売CD「疑心暗鬼」(ZMR-021)をお買い上げいただきましたお客さまに先着でイベント参加券をお渡しします。「イベント参加券」をお持ちの方は、私物サイン+写真撮影会にご参加いただけます。

 

FullMooN主催ライブ

420日(土) FullMooN×ThunderSnakeATSUGI Presents  

FullMooNねね生誕祭~春の7周年感謝祭~

会場 ThunderSnake ATSUGI

前売り¥3,500 当日¥4,000 (共にDRINK代別)

 







    バンドマンにおすすめグッズ

    バンドマンにおすすめの本

    • この記事を書いた人
    Muses - ミューゼス編集部

    Muses - ミューゼス編集部

    音楽コミュニティサイト「Muses - ミューゼス」では、全国の音楽好きのみなさんの投稿記事を募集しています。 バンドマン・アーティストの方の投稿も歓迎 です。

    -注目のアーティスト, インタビュー・コメント
    -, , , , , , , , , , , ,

    Copyright© Muses - ミューゼス , 2020 All Rights Reserved.