ライブハウス 音楽コラム

【高円寺20000V】本物のハードコアは高円寺のライブハウスにあり

投稿日:2019年5月5日




都内のハードコアの聖地と言えば高円寺、新宿、下北沢。
その中でも高円寺には数々の伝説ハードコアバンドを生み出したライブハウスが存在した。

その名も「高円寺20000V」

高円寺駅からルック商店街を歩き、駅から立地も良いライブハウスだった。
80年代後半から2000年代にかけて多くのハードコアバンドを輩出した。

印象的なのは、THE STALIN(ザ・スターリン)、GAUZE(ガーゼ)の消毒GIG、原爆オナニーズ、町田町蔵、Eastern youth (イースタンユース)の極東最前線、DEATH SIDE(デスサイド)、LIP CREAM(リップクリーム)、愚鈍、鉄アレイ、FORWARD(フォワード)BASTARD(バスタード)、SOB、POISON ARTS、等々。

中でも現在は超有名なイースタンユースの極東最前線は1994年にこの高円寺20000Vでスタートした。
ハードコアの爆音でも、このライブハウスの音は本物。

中途半端なハードコアは他に行けば聴ける。
けど、高円寺20000Vに行けば本物のハードコアが聴ける。

ジャパコアバンド以外にも、クラスト、エモーショナルハードコア、ストレートエッジ、メロディックハードコア、ニュースクールハードコア、オールドスクールハードコア、Oiパンク、デスメタル、グラインドコア、ロカビリー、サイコビリーなど様々なジャンルの本物の音がここで聴ける。

しかしながら、2009年11月22日に同ビルにある居酒屋の火災事故が原因で一階のGEARと共に地下二階にある高円寺20000Vはやむなく営業停止。ルック商店街にあるライブハウスとして長年親しまれてきたライブハウスだけあって、多くのバンドマンにとってはショッキングな出来事だった.

その後、オーナーが変わり、2010年に移転先の丸の内線東高円寺駅近くで「東高円寺二万電圧」としてリニューアルオープン。
収容人数は130人。高円寺20000Vは屋根裏の系列店だったが、高円寺二万電圧は系列店ではない。かつての20000Vはコテコテの最強ジャパコアバンドを中心に輩出してきたライブハウスだったのが、今では若手ハードコアバンドが中心に活動するライブハウスに生まれ変わった。

今なお多くのバンドマンが暮らし、多くのレコードショップや古着、飲み屋、バンドマンにとっては聖地のこの高円寺で、本物のハードコアが聴けるライブハウスと言えばこのライブハウスが挙げられるだろう。







バンドマンにおすすめの本

  • この記事を書いた人
Muses - ミューゼス編集部

Muses - ミューゼス編集部

音楽コミュニティサイト「Muses - ミューゼス」では、全国の音楽好きのみなさんの投稿記事を募集しています。 バンドマン・アーティストの方の投稿も歓迎 です。

- ライブハウス, 音楽コラム
-, ,

Copyright© Muses - ミューゼス , 2019 All Rights Reserved.