注目のアーティスト ライブレポート

新世紀えぴっくすたぁネ申『えぴばん"クリスマスパーティー"』で魅せたアツいクリスマスライブ!

2018年12月29日




ヲタク系アイドルグループ新世紀えぴっくすたぁネ申による主催イベント『えぴばん"クリスマスパーティー"』が、20181222()、渋谷VISIONにて開催された。
イベントのオープニングに、主催である新世紀えぴっくすたぁネ申が登場しパフォーマンス。ロックな重低音に踊りだしたくなる『CrazyCrazy』から始まり、夏風のような爽やかさを感じさせる『STAR LIGHT』では、曲の開始と同時にオーディエンスから歓喜の声が上がった。
この日の衣装は、クリスマスらしくメンバーカラーのサンタクロース姿で統一したのかと思いきや、アヤァオブザ・ワールドだけがクリスマスツリーの着ぐるみ姿であった。なんでも、メンバーカラーである水色のサンタクロース衣装がなかったのだという。両腕を着ぐるみの内側に引っ込め、ステージ端で本物のクリスマスツリーさながらに佇んでみせたアヤァオブザワールドの姿に、会場全体から笑いが起こった。

主役たちが一度ステージを去ったあと、登場したのは戦国GEKOKUJO。忍者をモチーフにした衣装に、メンバーカラーのサンタ帽を被っていたのはクリスマスイベントならでは。和楽器の音を取り入れたダンスナンバーを中心に、全曲を駆け抜けるようにパフォーマンスした。

次に現れたのは甘党男子六期生。水色のブレザーに白シャツ、茶色のネクタイ、ベージュのパンツというお揃いの学生服スタイルで登場。「ドーナツ」「チョコレート」「たいやき」といった、スイーツをモチーフとしたポップな楽曲に、甘いボイスでオーディエンスを魅了した。
ここで「クリスマスプレゼント抽選会」が開催された。各グループからプレゼントを持ち寄ってもらい、それをオーディエンスに抽選でプレゼントするというものだ。中身には、サイン入りTシャツやキンブレといったオフィシャルグッズや、特典会用のチェキ券、メンバーの私服等が入っており、当選した幸運なオーディエンスには一足早いクリスマスプレゼントとなった。

ライブが再開すると、ダサニット(ダサいニット)”やパーカーに、ニット帽といった冬の装いで、じゃっくぽっとが登場した。クリスマス気分を盛り上げるロマンチックなラブソングを披露。
続くAXXX1Sは、お揃いの赤いサンタクロース姿で、ポップな王道アイドルソングを連発、トリ前最後のグループはLIBRE FUNTOS。ロックもRBもこなす4人組は、ダンスもラップも惜しげなく披露し、ラストの『Fly!!!』まで会場全体をクールに盛り上げた。

イベントのトリはもちろん主催の新世紀えぴっくすたぁネ申。「ついてこいよ!」という煽りに、オーディエンスの熱もこの日の最高記録を現在進行形で更新していく。
ライブは、メンバーのピースサイン姿がまぶしい『Baby Smile』からスタート。曲に合わせたオーディエンスのコールがどんどん大きくなっていき、「いっさいがっさい」楽しんでいることが手に取るようにわかった。終盤では池田がまぁくん!を後ろから抱きつく微笑ましい場面も見ることができた。

RPG
の戦闘シーンに見立てた振り付けが特徴的な『GAME』の後、アヤァオブザ・ワールドが「とばしていくから、ついてこいよ!」と煽ると、次の曲を『キミホリック』と間違えるアクシデントが。本当の3曲目が『KAMASaaaaaaay!!!』と分かるとオーディエンスは更にヒートアップ。それもそのはず、「かませ!」「かっとばせ!」といった掛け声や、メンバー全員でのラインダンス、池田のバック転など、バラエティに富んだ楽しさばかりが詰め込まれていた。

その後披露された『キミホリック』は、クリスマスのロマンチックな雰囲気にぴったりのラブソング。ステージ向かって左側から、まぁくん!、池田、たくぴー、HIЯODaichi、大我と、横に並ぶ様は虹のように綺麗であった。そしてセンターにはクリスマスツリー(アヤァオブザ・ワールド)がどっしりと構え、クリスマスイベントに申し分ないフォーメーションを見せてくれた。

虹のコンキスタドールのカバー曲となる『トライアングルドリーマー』では、メンバーの動きに合わせ、キンブレを振りながら三角形を作る楽しさがあったが、その後のMCでアヤァオブザワールドが「今日はクリスマスツリーだから、わざわざ三角形作る必要なかった!」と、この日ならではのコメントをした。また、さすがに暑さに限界が来ていたのか、たくぴーが上半身だけ脱いで息を切らしており、「土方の休憩中のやつ居るぞ!」とメンバーから突っ込まれていた。

ここからラストスパートに突入。「これからもっと熱くしてやるからよぉ!いけるか!」とアヤァオブザ・ワールドが煽り、『お祭り戦隊ヒーロー』がスタート。タイトル通りお祭りの如く盛り上がり、中盤では池田の「サンタさんから欲しいものは!?」の問いかけに「ポケモンカード!」「アマギフ(Amazonギフトカード)!」といった、なんともリアルな回答がメンバーから飛び出していた。

アヤァオブザ・ワールドが「お前らの本気はそんなもんか?いや、違う!」と叫ぶと、オーディエンスの声はそれに応えるように更に大きくなり、『怪盗スター』へ。暗闇の中でキンブレを使ったヲタ芸もサンタ姿での披露となった。そして『Summer Player』で締めくくられる頃には、真冬の会場に夏の楽曲が流れることに違和感がないほど、会場がアツくなっていた。

全てのパフォーマンスが終わると、今後のイベントやワンマンの告知がなされた。1000人動員できないと解散、とされているマイナビBLITZ赤坂ワンマンまで、遂にあと1ヶ月を切った。果たして彼らは目標を無事達成できるのであろうか?結果はぜひ、現場で体感してほしい。

TEXT:白乃神奈

新世紀えぴっくすたぁネ申 twitter

twitter.com/Epic_hstk_h

 

新世紀えぴっくすたぁネ申 Web

epic-god.com/

 

LIVE情報

 

「シン・ネ申ワンマン」

2019123日(水)マイナビBLITZ赤坂

OPEN/START18:00/19:00

チケット:前方5000/中間3000/後方1000円(税込・D代別途)

l-tike.com/

全国のローソン、loppiからも購入可能です。







    • この記事を書いた人
    Muses - ミューゼス編集部

    Muses - ミューゼス編集部

    音楽コミュニティサイト「Muses - ミューゼス」では、全国の音楽好きのみなさんの投稿記事を募集しています。 バンドマン・アーティストの方の投稿も歓迎 です。

    - 注目のアーティスト, ライブレポート
    -, , , , , , ,

    Copyright© Muses - ミューゼス , 2019 All Rights Reserved.