ランキング

2017年、最も歌詞が見られたのは…昨年リリースの失恋ソング!




2017年、最も歌詞が見られたのは…昨年リリースの失恋ソング!
国内最大級の歌詞サイト「歌ネット」が年間歌詞ランキングを発表!

~ 1日平均150万回、 年間約6億回の歌詞アクセスを集計!~
~ 歌詞が最も見られたアーティストは“back number”!楽曲は「ハッピーエンド」!~

歌ネット「2017年・歌詞閲覧・年間ランキング TOP50 速報ページ」
www.uta-net.com/user/info/2017ranking.html

株式会社ページワン(東京都渋谷区/代表:小澤智哉)が運営する、 2001年開設、 国内最大級の歌詞専門サイト「歌ネット」が、 PC版、 スマートフォン版、 合わせて約6億回の歌詞閲覧データを集計し、 「2017年・歌詞閲覧 年間ランキング TOP50 速報版」(集計期間:2017年1月1日~2017年12月14日)を発表しました。

今年、 最も歌詞が見られた曲、 2017年の年間アクセスランキング“楽曲別”では、 首位にback numberの「ハッピーエンド」が輝きました。 さらに“アーティスト別”では、 3年連続で“back number”が首位を獲得!

「ハッピーエンド」は、 back numberが2016年11月16日にリリースした楽曲です。 福士蒼汰×小松菜奈の映画『ぼくは明日、 昨日のきみとデートする』主題歌として書き下ろされ、 大ヒット。 同曲がリリースされたのは昨年であるにも関わらず、 今年の1月2日付けウィークリーから12週連続で1位を独走。 そして上半期アクセスランキングでも首位を獲得しました。 その勢いは衰えることなく、 現在は累計で300万回以上のアクセス数を記録しております。

そして、 楽曲別では50位以内に、 back number「クリスマスソング」、 「花束」、 「瞬き」、 「ヒロイン」、 「高嶺の花子さん」、 「僕の名前を」、 「君の恋人になったら」、 「わたがし」、 「恋」、 計10曲がランクイン!さらに2017年12月6日、 back number楽曲はなんと、 掲載されている全歌詞が歴代人気曲に認定されました(※カバー曲を除く)。 これは歌ネット初の快挙!12月20日リリースの新曲「瞬き」も、 すでに歴代人気曲に認定されておりますが、 年末の音楽番組出演によって歌詞アクセスが伸び続けているため、 人気はまだまだ上昇してゆくでしょう。

尚、 今回はトップ10入りした楽曲のうち、 8曲が昨年リリースされたもの。 例年に比べると、 2017年のヒット作が少なかったように思えます。 しかしその中で、 7位にC&K「Y」がランクイン。 彼らは、 デビュー当初から『紅白出場』を夢に掲げ、 今年はすべて紅白出場のために活動をしてきました。 そして、 2017年6月7日に勝負曲となる「Y」をリリース。 彼らは、 ファンの拡散力も非常に高く、 同曲はウィークリーランキングにて7週連続で1位を記録。 現在はミリオンリリック目前の歴代人気曲として認定されております。 残念ながら、 紅白出演は叶わなかったものの、 アーティストとファンの情熱がランキングに反映された結果となりました。

アーティスト別は、 back numberが圧倒的な総閲覧回数で、 3年連続首位に輝きました。 続くRADWIMPSも、 2年連続で2位にランクイン!

また、 米津玄師が(14位→4位)に急上昇!楽曲別でも4位に「LOSER」がランクインしております。 彼は、 以前から歌詞人気の高いアーティストでしたが、 今年はさらなるブレイクを果たしました。 とくに、 楽曲別27位のDAOKO×米津玄師「打上花火」は、 映画『打ち上げ花火、 下から見るか?横から見るか?』の主題歌として大ヒット。 さらに、 11月1日発売のニューアルバム『BOOTLEG』に収録されている「灰色と青(+菅田将暉)」も瞬く間に歴代人気曲に認定(楽曲別19位)。 現在、 2018年1月からスタートの石原さとみ主演ドラマ『アンナチュラル』主題歌の起用も決定しており、 ますます目が離せない存在です。

今年紅白への初出場が決まったWANIMAは(15位→7位)に、 SHISHAMOは圏外から22位にランクイン!どちらも、 もともと歌詞人気の強かったバンドですが、 楽曲がCMに起用されたことで、 その存在がより一層、 お茶の間に知られるところとなりました。 また、 昨年は圏外であった欅坂46が12位に、 Aimerが24位に、 Mrs. GREEN APPLEが27位にランクイン!新星アーティストたちがランキングを賑わせた1年であったと言えるでしょう。

以上のように、 セールスチャートのみならず、 歌詞の人気度と併せてヒット曲をチェックすることで今“本当に支持されている楽曲”が明白になります。

-------------------------------------------------------------
【楽曲 ランキング TOP10】(抜粋)
-------------------------------------------------------------
1位「ハッピーエンド」back number
2位「前前前世 (movie ver.)」RADWIMPS
3位「クリスマスソング」back number
4位「LOSER」米津玄師
5位「サイレントマジョリティー」欅坂46
6位「ともに」WANIMA
7位「Y」C&K
8位「STAY TUNE」Suchmos
9位「やってみよう」WANIMA
10位「花束」back number
-------------------------------------------------------------
【アーティスト ランキング TOP10】(抜粋)
-------------------------------------------------------------
1位 back number
2位 RADWIMPS
3位 嵐
4位 米津玄師
5位 GReeeeN
6位 ONE OK ROCK
7位 WANIMA
8位 Mr.Children
9位 西野カナ
10位 AAA
───────────────────────────────────

※ 11位以下のランキングは、 別紙、 または下記URLでご覧ください。

歌ネット「2017年・歌詞閲覧・年間ランキング TOP50 速報ページ
www.uta-net.com/user/info/2017ranking.html

※ 歌ネットのランキングは、 同一IPアドレスでの同日複数アクセスを排除したアクセス数をもとに集計されているため、 ロボットによるアクセスや、 ランキング操作を目的とした複数アクセスはカウントされていません。

【歌ネットとは…】
───────────────────────────────────
J-POP、 歌謡曲、 演歌、 アニメソング、 童謡から唱歌まで、 あらゆる邦楽の歌詞を検索して表示できる、 2001年開設、 新聞、 雑誌、 テレビなどでも数多く使われている人気『歌詞専門サイト』です。 現在、 PC版、 スマートフォン版でサービスを提供しており、 合わせて1日平均150万回、 年間で約6億回の歌詞が見られています。 邦楽の掲載曲数 240,000曲(2017/12/22現在)は、 歌詞専門サイトとして国内最大級です。 メジャーレコード会社のほぼ全てと連携しており、 CD発売前に歌詞を見ることができる新曲も少なくありません。 また、 多くのサイト、 スマートフォンアプリ等にも「歌ネット」の歌詞が提供されています。

【関連URL】
───────────────────────────────────
★ PC版ウェブサービス 「歌ネット」 www.uta-net.com/
★ スマートフォン版ウェブサービス「歌ネット モバイル」 sp.uta-net.com/
★ 歌ネット 「歴代人気曲」 www.uta-net.com/user/poplist.html
★ 運営会社 「ページワン」 ホームページ www.pageone.co.jp







  • この記事を書いた人
Muses - ミューゼス編集部

Muses - ミューゼス編集部

音楽コミュニティサイト「Muses - ミューゼス」では、全国の音楽好きのみなさんの投稿記事を募集しています。 バンドマン・アーティストの方の投稿も歓迎 です。

- ランキング
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© Muses - ミューゼス , 2019 All Rights Reserved.