インタビュー・コメント

渋谷で終電を逃しちゃったアイドル『始発待ちアンダーグラウンド』のデビュー曲が『フラストレーション』に決定!!




株式会社Vandalismは1月14日、 始発待ちアンダーグラウンドのデビュー曲が『フラストレーション』であることを発表しました。

渋谷で終電を逃した女の子が暇つぶしに結成した…

というコンセプトの4人組のアイドルグループ 『始発待ちアンダーグラウンド』。

そんな始発待ちアンダーグラウンドのデビュー曲が「THE JOHN'S GUERRILLA」、 「BABYLON PANIC」、 「ALI」等で活躍する若手ミュージシャンの今村怜央による作詞・作曲の『フラストレーション』であることが発表されました。

『フラストレーション』は2月25日にVANDALISM渋谷で行われるお披露目ライブにて披露される予定です。

 

【今村怜央 コメント】
ドキドキ!ゾクゾク!ワクワク!音楽は魔法だ!
始発待ちアンダーグラウンドが、 これから見せてくれる景色を楽しみにしています。

 

【ツキノ・チハル コメント】
曲はタイトルのまんまです笑
"渋谷で終電を逃したアイドル"って聞くと一見パリピをイメージしますが、 私達は全くそんなことなくどちらかというと闇を抱えてるような人間の集まりです。
そんな私達のための、 弾けていて暴れていて…なのに静かな面もあって、 それでいてカッコいい!ロックテイストの曲になってます。
思わず聴きながらノってしまうような曲なので、 お楽しみに!!

 

【ムラタ・ヒナギク コメント】
おまたせしました。
欲求不満での始まり、 一緒にこれから満たされていきましょう。
最高の音楽と私達の歌、 はやく貴方達に届けたい。 ドキドキしたい。 触れてほしい。 よろしく頼みます。

 

【フカミ・アスミ コメント】

フラストレーション、 初めて聴いたときに体が自然にノリ出したのを覚えています。
すごく格好良くて一聴き手としてもとてもすきな曲です。 是非ライブで一緒に盛り上がって叫んで踊りましょう!

 

【オクヤマ・ウイ コメント】
これから走り出していく私達の、 最初の曲にぴったりな疾走感ある一曲です。
格好良いバンドサウンド、 色んな方々に聴いて頂けたらと思っています。
間違いなくライブで盛り上がる曲なので皆でまわって叫んで踊るのを楽しみにしています。







バンドマンにおすすめグッズ

バンドマンにおすすめの本

  • この記事を書いた人
Muses - ミューゼス編集部

Muses - ミューゼス編集部

音楽コミュニティサイト「Muses - ミューゼス」では、全国の音楽好きのみなさんの投稿記事を募集しています。 バンドマン・アーティストの方の投稿も歓迎 です。

-インタビュー・コメント
-, , , , ,

© 2020 Muses - ミューゼス