セットリスト ライブレポート

《写真多数・レポート》「この曲を作って本当によかった」とCIVILIAN、Vo.コヤマがツアーファイナルで万感の思い語る




CIVILIANが、 12月21日、 恵比寿リキッドルームにてワンマンツアー「Hello,civilians.~全国編~」のツアーファイナル公演を行った。

前身のLyu:Lyu時代を含めると4年半ぶりとなるメジャー1stアルバム『eve』を11月にリリースしたばかりの彼ら。
この日見せてくれたのは、 数々の挑戦と成長を果たしたバンドの今、 そして歩んできた全ての足跡を見せるようなステージ。
ヒリヒリとした切迫感と獰猛なエネルギーでオーディエンスの胸を鷲掴みにするようなライブだった。

暗転すると、 アルバムのオープニングと同じくインストゥルメンタルの「eve」に乗せて、 コヤマヒデカズ(Vo/G)、 有田清幸(Dr)、 純市(B)が大きく両手を広げて登場。
大きな歓声が3人を迎え入れる。

「2017年12月21日のCIVILIANを始めます。 いい一日にしようぜ」そうコヤマが告げ、 ライブは「一般生命論」からスタート。
「ねえ あなた ちょっといいですか」という歌い出しから畳み掛けるように言葉を連ね、 歌が叫びへと転じていくナンバーだ。
続く「残り物の羊」も、 「一緒に踊ろうぜ」とコヤマが告げて披露したメジャーデビュー曲の「愛 / 憎」も、
焦燥感に満ちたスリーピースのロックバンドの全力を叩きつけるような曲。
コヤマのギター、 有田のドラム、 純市のベースが、 まるで塊のようなゴツゴツした音を鳴らす。 序盤から息もつかせぬ展開だ。

中盤は、 手拍子が広がったダンスナンバー「どうでもいい歌」や、 「♪ラララ~」のコーラスに会場が包まれた「ハロ / ハワユ」など、
ステージのオーディエンスとの一体感を生み出す楽曲を披露していく。
コヤマがアコースティックギターを抱えて歌ったカントリーテイストの「自室内復讐論」、 横ノリのグルーヴが印象的な「あなたのこと」など、
バンドが切り拓きつつある新境地も見せる。

 

MCでは純市が「今回のツアーは3人ともお客さんみんなとコミュニケーションをとりたいという気持ちがあった」と言い、
コヤマ、 有田もツアーを経てバンドが成長してきている実感を語っていた。

後半は「赫色 -akairo-」からスタート。
エキゾチックなメロディから挑むようなサビへと駆け上がる、 彼らの真骨頂を示す一曲だ。
ステージにはサイケデリックな映像が投射され曲名通りの赤い照明の光が3人の姿を染める。
さらには「ぜんぶあんたのせい」と「デッドマンズメランコリア」を続けざまに披露。
ラップやトーキングブルースにも近い、 歌うというよりも「叫び声で語り倒す」と表現する方が相応しいコヤマのヴォーカルスタイルは
この先バンドの新たな武器となっていくはずだ。

そして、 盛り上がりのピークとなったのは「俺たち3人にとってとても大切な曲をやります」とコヤマが告げて披露した「生者ノ行進」だった。
曲中にはコールアンドレスポンスからバンドが演奏を止め「♪WOW~」というコーラスのフレーズを集まった全員のオーディエンスが声を張り上げて歌い会場が一つになる場面も。
「この曲を作って本当によかったと思いました」とコヤマが万感の思いを語っていた。

この日のセットリストには、 「メシア」などLyu:Lyu時代の楽曲、 「文学少年の憂鬱」や「3331」など
コヤマがかつてボカロP「ナノウ」として発表しCIVILIANでバンドアレンジした楽曲も含まれていた。
3人がこれまでに歩んできた道程を全て示すような並びだ。

コヤマはMCで、 Lyu:LyuからCIVILIANと名を改め今に至るまで、 バンドとしての活動が思うようにいかなかった苦闘の日々があったことを告げ、
「明けないような長い夜をさまよってるような気分でした」と振り返る。 そして完成した新作『eve』を「もがいてきた日々の血と汗の結晶です」と語り、
アルバムのラストトラック「明日もし晴れたら」を歌い上げ、 本編を終えた。

大きな拍手に迎えられアンコールに登場した3人は、 Lyu:Lyu時代の「ディストーテッドアガペー」、 そして「暁」を披露。
有田はドラムセットの上に立ち上がり、 コヤマは声を振り絞るように叫ぶ。

そして、 全てを出し尽くし3人がステージを降りた後も歓声と拍手は止まず、 予定にはなかった2度目のアンコールに再び登場する。
「俺たち3人が集まって、 最初に作り上げた曲を最後にやって終わります」と「空 -カラ-」を披露した。

「今、 やっとCIVILIANとしてのバンドの身体の中に流れてる血液が新しく循環している気がしてます。 もっといいライブができるようになるし、
いい曲が書けるようになると思います」。 そうコヤマは最後に語っていた。

集大成を見せた一夜は、 来年以降のCIVILIANのさらなる飛躍への期待を抱かせるものだった。

 

(文=柴那典)

写真:西槇太一

■セットリスト
M-01 一般生命論
M-02 残り物の羊
M-03 愛 / 憎
M-04 どうでもいい歌
M-05 AM4:00 のノック
M-06 ハロ / ハワユ
M-07 文学少年の憂鬱
M-08 自室内復讐論
M-09 あなたのこと
M-10 言わなきゃいけない事
M-11 赫色 -akairo-
M-12 ぜんぶあんたのせい
M-13 デッドマンズメランコリア
M-14 生者ノ行進
M-15 3331
M-16 メシア
M-17 顔
M-18 明日もし晴れたら

EN-1 ディストーテッドアガペー
EN-2 暁

■リリース情報
ニューアルバム「eve」
発売中
【初回生産限定盤| CD+DVD】SRCL‐9596~97/4,860円(税込)ライブDVD付
【通常盤 | CD only】SRCL‐9598/3,240円(税込)

■対バンツアー「CIVILIAN presents INCIDENT619」開催決定
05/16(水) 渋谷CLUB QUATTRO
05/18(金) 名古屋ell.FITS ALL
5/25(金) 大阪Banana Hall

■CIVILIAN LINE公式アカウント開設
music-mag.line.me/ja/archives/72990811.html

■CIVILIAN公式サイト
civi-l-ian.com/







  • この記事を書いた人
Muses - ミューゼス編集部

Muses - ミューゼス編集部

音楽コミュニティサイト「Muses - ミューゼス」では、全国の音楽好きのみなさんの投稿記事を募集しています。 バンドマン・アーティストの方の投稿も歓迎 です。

- セットリスト, ライブレポート
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© Muses - ミューゼス , 2019 All Rights Reserved.