作詞

私と音楽

2019/5/13

ダークな感情の中にも力強さを感じさせるTHE BACK HORN #私と音楽

私が好きなアーティストはロックバンドであるTHE BACK HORNです。 最初の出会いは高校生の頃。 学生生活に悩んでいて、落ち込む日々でした。 そんなときに彼らの曲、涙がこぼれたらがテレビで流れていました。 シンプルなギターの音に、ボーカルの力強い声。 そして男くさい見た目に目を奪われたのを覚えています。 それを機に彼らが気になって、過去の曲をチェックしたりしていきました。 初期の曲に多いのですが、とにかく歌詞の内容が暗い。 絶望をテーマに歌っていることが多いです。 しかし、そのまま沈んでいるわけでは ...

ニュース

2019/5/10

スピラ・スピカ3rdシングルのリード曲「恋はミラクル」のミュージックビデオを公開!

今夏『Animelo Summer Live 2019 -STORY-』への出演も決定したピュアポップロックバンド「スピラ・スピカ」。 5月29日(水)に3rd シングル「恋はミラクル」の発売を控え、 リード曲「恋はミラクル」のミュージックビデオがYouTubeにて公開されました! 「恋はミラクル」ミュージックビデオの試聴はこちら▼ youtu.be/Uc7Dp_pFO_k 画像はイメージです 同曲は現在放送中のTVアニメ『みだらな青ちゃんは勉強ができない』のエンディングテーマを飾る、 爽やかなギターポッ ...

作詞のコツ

2019/5/9

歌詞が浮かばない時、また、歌詞が続かない時には、一工夫が大切です

歌詞そのものが浮かばない 作詞をしていると、誰もが経験する事ですが、歌詞が全く浮かばない時というのがあります。 そんな時には、一度全てを白紙に戻すという方法があります。 確かに、こういう詞が書きたいという漠然なイメージがあるかと思いますが、そのイメージにとらわれているが為に、なかなか歌詞が浮かんでこないという場合もあるのです。 そんな時には、一度すべてのイメージを白紙に戻す事で、新しいイメージが浮かんでくる場合もあります。 そして、一度作詞作業から離れてみる事も必要です。 海外の写真集を見たり、行った事の ...

ニュース

2019/5/9

“伝説の名作”「からくりサーカス」のロザリーナ書下ろしOPテーマ『Over me』MVやアニメ書下ろしCDジャケットが公開!

昨年からスタートし、 今まさに最終クールを放送中の少年サンデー史上で ”伝説の名作”と呼ばれた「からくりサーカス」の オープニングテーマとしてシンガーソングライター・ロザリーナが書き下ろした 『Over me』のミュージックビデオが解禁された。 「からくりサーカス」の楽曲をロザリーナが手掛けるのは、 第1クールのエンディングテーマでもファンの間で大好評だった『マリオネット』に続き二度目となる。 ちょうど一年前の2018年4月11日に全国40以上のラジオ局でパワープレイを獲得し 鮮烈なデビューを飾ったロザリ ...

セットリスト ライブレポート 写真多数

2019/5/5

中川翔子“令和”初ライブは子どもたちと一緒にポケモンの名曲を熱唱!

2019年5月5日(日・祝)、 チームスマイル 豊洲PITにて、 “しょこたん”こと中川翔子のバースデーライブ「Shoko Nakagawa Birthday LIVE 2019 ~Dream Notes~」が開催された。 チケットが即完売した本公演には、 彼女のバースデーを祝うべく、 2公演合計2,600名ものファンが集結。 さらにこの日は“子どもの日”ということで、 昼夜あわせて40組80名の子どもたちを招待するなど、 子どもから大人まで幅広い人気を誇る、 まさに“しょこたん”ならではの公演となった。 ...

バンド活動のコツ 作詞のコツ 音楽コラム

2019/5/3

初心者でも詞が書けるようになる作詞のコツとは

詞を作るには、それなりの知識や経験が必要ですが、初心者でもコツを押さえれば、ある程度は書けるようになります。 その作詞のコツには、以下のような物があります。 「テーマを決定する」 作詞とは、曲に命を吹き込む作業だといっても過言ではありません。 音楽における詞というのは、「その曲の世界を、聞いている人に伝える」という役割を持っているからです。 言い換えると、「聞いている人に何を伝えたいのか」というのが重要だということです。 世に出ている曲には、「ラブソング」「メッセージソング」などのテーマがありますが、まず ...

ライブレポート 写真多数

2019/4/27

ハッピーで全国を埋め尽くした『スピラ・スピカ』のワンマンツアーが終幕! 次回ワンマンライブと自主企画ツーマンライブの開催が決定!

・初回生産限定盤(VVCL-1453~4) ¥1,700+税『Animelo Summer Live 2019 -STORY-』への出演が決定した、 今最も期待を集めるピュアポップロックバンド「 スピラ・スピカ」。 そんな彼らの ワンマンツアー『スピスピがハッピーを届けにゆくよツアー』のファイナル公演を、 4月27日(土)に心斎橋Music Club JANUSで開催した。   開演前から熱気の充満する会場に大きな手拍子と歓声で迎えられると、 まっすぐな歌声で1曲目の「スタートダッシュ」を披露し ...

プレイリスト

2019/4/26

太田裕美の過去作品解禁!「木綿のハンカチーフ」「赤いハイヒール」「九月の雨」などの名曲を一挙配信開始

サブスクリプション型(定額制)音楽ストリーミングサービス「AWA(アワ)」は、 2019年4月26日(金)より、 太田裕美の過去作品を一挙配信開始いたしました。 また、 配信開始を記念し人気曲を集めたプレイリスト『太田裕美のCLASSICS』を公開。 1974年「雨だれ」でデビュー以後「木綿のハンカチーフ」、 「赤いハイヒール」、 「九月の雨」など数えきれない名曲を歌い、 フォークと歌謡曲のジャンルを超えた新しいシンガーとして、 現在のJ-POP女性ボーカリストの道を開いた太田裕美。 今回配信される楽曲は ...

インタビュー・コメント 注目のアーティスト

2019/4/24

相谷麗菜(ex:ミライスカート/我儘ラキア)、Re:inA(レイナ)としてソロ活動をスタート。4曲入りEP配信『HLGRM』には、真っ直ぐで少し痛みも抱いた生々しい本心が、エレクトロでポップな表情を通しホログラムのよう多彩に映し出されていた。

  相谷麗菜と言えば、エレクトロ/はんなりポップを掲げたミライスカートのメンバーとして、愛らしい表情を魅力にアイドル活動をスタート。そこから、パンキッシュなアイドルユニット我儘ラキアへと転身。愛らしさを残しながらも、激しく観客たちを煽るステージングを見せていたように、当時は、彼女の隠れた一面が浮きでた姿へ嬉しい衝撃を覚えていた。     じつはミライスカート/我儘ラキアとして活動をしていたときにも、相谷麗菜の心の中には一つの感情が渦巻いていた。それが、「自分で作詞/作曲をしながら、相谷麗菜自身を投影した音 ...

ニュース 注目のアーティスト

2019/4/24

相谷麗菜(ex:ミライスカート/我儘ラキア)、Re:inA(レイナ)としてソロ活動をスタート。4曲入りEP配信『HLGRM』には、真っ直ぐで少し痛みも抱いた生々しい本心が、エレクトロでポップな表情を通しホログラムのよう多彩に映し出されていた。

  相谷麗菜と言えば、エレクトロ/はんなりポップを掲げたミライスカートのメンバーとして、愛らしい表情を魅力にアイドル活動をスタート。そこから、パンキッシュなアイドルユニット我儘ラキアへと転身。愛らしさを残しながらも、激しく観客たちを煽るステージングを見せていたように、当時は、彼女の隠れた一面が浮きでた姿へ嬉しい衝撃を覚えていた。   じつはミライスカート/我儘ラキアとして活動をしていたときにも、相谷麗菜の心の中には一つの感情が渦巻いていた。それが、「自分で作詞/作曲をしながら、相谷麗菜自身を投影した音楽を ...

ニュース

2019/4/19

定額制音楽ストリーミングサービス「AWA」とアパレルショップ「WEGO」のコラボ企画第二弾。ビジュアル展開にインスタライブ発の本格派アーティスト「まるりとりゅうが」が登場

サブスクリプション型(定額制)音楽ストリーミングサービス「AWA(アワ)」は、 株式会社ウィゴー(本社:東京都渋谷区恵比寿 代表取締役社長:園田恭輔)とコラボレーションし、 全国に展開するアパレルショップ「WEGO」でコラボレーショングッズ販売や、 WEGO店舗内のポスターやモニタ等で、 AWAが選んだ旬なアーティストをフィーチャーしたビジュアルを展開しております。 今回、 ビジュアル展開の第二弾アーティストとして、 インスタライブ発の本格派アーティストまるりとりゅうがの掲載を開始いたします。 2019年 ...

ニュース

2019/4/17

北島兄弟(北山たけし&大江裕)が、浅草神社にて新曲ヒット祈願!

昨年末のNHK紅白歌合戦での師匠・北島三郎との共演で話題となった、 演歌歌手・北山たけしと、 大江 裕による演歌ユニット「北島兄弟」が、 4/17(水)東京・浅草神社にて、 昨年発売された北島兄弟第一弾シングル「ブラザー」に続き、 今年の2月に発売された「兄弟連歌」(きょうだいれんか)のヒットを祈願し、 拝殿内での祈祷と、 同曲を神楽殿にて歌唱し「歌の奉納」を行いました。     今回の新曲に対し北山は、 「昨年発売した、 『ブラザー』はロック調の曲でしたが、 今回の『兄弟連歌』は、 ...

Copyright© Muses - ミューゼス , 2019 All Rights Reserved.