注目のアーティスト 音楽ニュース

R指定の『-SHAMBARA-』を「弾いてみた」映像もアップ!!ヴィジュアル系好きな"ゆるキャラ"「ぶいにゃす」って何者??




  ぶいにゃすがtwitter上に姿を現したのは、522日のことだった。当初は、体型に似合わない過激??な行動と言うべきか、腹筋をしていたらマシンから転げ落ちる姿や、キャットタワーに登ろうと悪戦苦闘する様、フラフープに挑戦する模様や、ただただ昼寝をしているなど、怪しい動きの動画をアップし続けていた。中には、DAPUMPの『USA』を踊ってみた動画も

  そのうち、ヴィジュアル系雑誌の付録のトレカを、もふもふとした手で必死に取る映像や、ヴィジュアル系バンドのCDを紹介する写真、ヴィジュアル系CDの専門店へ向かう姿、様々なヴィジュアル系バンドのフライヤーを眺める写真などを掲載し始め、ぶいにゃすがヴィジュアル系好きだということが判明。

  最初は、自分の趣味をひた隠し??にしていたぶいにゃすだが、vistlipの『glider』やR指定の『-SHAMBARA-』の「弾いてみた」映像をアップして以降、ネット上にアップしてある「ヴィジュアル系バンギャの振り10選」を真似し「ヘドバンしてみた」映像をアップするなど、どんどんヴィジュアル系ヲタクぶりを発揮。CD紹介でも、アルルカンや己龍、0.1gの誤算のCDを勝手に紹介すれば、ついには「ぶいにゃすはヴィジュアル系なんで」と宣言するように、アーティスト写真の撮影を敢行。メイクさんにメイクをしていただいてる短い動画までtwitter上にアップしていた。

 

  twitterのプロフィール欄には、「V系好きのゆるキャラです日本のヴィジュアル系シーンを盛り上げたいー! そんな想いから登場しました、ぶいにゃすです! ヴィジュアル系が大好きで日々研究してます! 得意技はヘドバン! ヘドバン仲間集まれー!」と書いてある。

  "ゆるキャラ"ブームは、ついにヴィジュアルシーンにも押し寄せてきた。誰が、一体何のために"ぶいにゃす"を誕生させたのか。そもそも、個人で勝手にやっているのか、誰かが手伝っているのかさえ不明。ただ一つわかるのは、愛を持ってヴィジュアル系に接していること。

 

  現状、タイムラインを遡り最初からその姿を見ることも可能な時期だけに、ぶいにゃすの愛らしくも奇妙な行動に、ちょっと注目してみるのはどうだろう。監獄??風の場所でアーティスト写を撮影するこだわりぶりも、きっとヴィジュアル系バンドからの影響に違いない。

 

  これからぶいにゃすがどんな動画や写真をアップしてゆくのか。どんな風に具体的にヴィジュアル系バンドや、世の中のエンターテイメントな存在と関わり出すのか、今から楽しみにチェックしておこうじゃないか。

 

TEXT:長澤智典

 

ぶいにゃすオフィシャルツイッター

https://twitter.com/buinyasu

MUSIC PLANETボーカルオーディション2022

歌手になりたい方、必見!20〜49歳対象のボーカルオーディション
MUSIC PLANET
MUSIC PLANETボーカルオーディション2022は、音楽経験不問! また、ジャンル問わず幅広い世代の方を募集しています。世の中には遅咲きでCDデビューしたアーティストはたくさんいます。 一人でも多くの「可能性」を見つけ、全ての方に平等に挑戦の場を提供するため、募集年齢は20歳~49歳までと非常に幅広くなっているのがポイント。もう一度夢に挑戦してみませんか。
  1. 音楽経験問わず、初心者、大歓迎
  2. 個性、やる気、歌が好き、という熱意重視のオーディション
  3. 幅広い層からの応募が可能。20歳~49歳までの男女。
  4. 応募時に履歴書、写真不要
  5. オーディションには有名音楽プロデユーサーが参加
  6. 東京/大阪/福岡からオーディション会場を選べる

募集年齢は20歳~49歳まで

オーディション時からトップアーティストを手がけた実績ある音楽プロデューサーが直接審査。 なかなか会うことができない音楽プロデューサーと会える絶好のチャンス。

バンドマンにおすすめグッズ

バンドマンにおすすめの本

  • この記事を書いた人

Muses - ミューゼス編集部

音楽コミュニティサイト「Muses - ミューゼス」では、全国の音楽好きのみなさんの投稿記事を募集しています。 バンドマン・アーティストの方の投稿も歓迎 です。

-注目のアーティスト, 音楽ニュース
-

© 2022 Muses - ミューゼス