音楽ニュース

DISH// VS ベリーグッドマン、バレンタイン・イヴに初の2マンライブを開催!




「TOKUFUKU LIVEConnect! Vol.4-Valentine Eve-」

スペースシャワーTV主催のライブイベント「TOKUFUKU LIVE Connect! Vol.4」が2月13日に、 なんばHatchで開催。 DISH//とベリーグッドマンが共演した。
この「TOKUFUKU LIVE Connect!」は、 これまで「チュートリアルの徳ダネ福キタル♪SPECIAL LIVE」に出演したアーティストと、 これからもっと「チュートリアルの徳ダネ福キタル♪」の番組やイベントでご一緒したいアーティストを繋いでいこうとする企画。
第4弾となる今回のカード「DISH// VS ベリーグッドマン」は初組み合わせであり、 異色の共演とあって、 開催前から話題の対バンに。 まず、 番組アシスタントでもある菅沼ゆりがMCとして登場。 過去のマッチメイクなどイベントの趣旨を説明する。 その上、 コール&レスポンスで、 より盛り上げていき、 トップバッターのベリーグッドマンを呼び込んだ。

番組出演時のVTRも流れ、 Rover(Vo)、 MOCA(Vo)、 HiDEX(Vo)が地元大阪でのライブという事もあり、 元気よくステージに飛び込み、 『Musicplication』でスタート。 続く『まずはそこから』では、 「今日のために勉強も仕事も頑張ってきた人!」というMOCAの煽りで、 観客全員が手を上げて振る。 3曲目『VibesUP!!』では、 3人共に観客全員もタオルを

振り回す。

 

まだ始まったばかりだというのに、 この時点で会場は既に温まっている。 そして、 ここで「今日のために頑張ってたか?!そんなみんなに応援ソングを持ってきました!全員拳を見せてください!」とMOCAが語りかけ、 『ライトスタンド』へ。 「知ったかでいいので!」と3人が観客

 

へマイクを向けて歌ってもらおうとするが、 知ったかどころか、 観客全員が歌詞をしっかりと覚えており、 完璧に歌えていた事には驚いた。 いかに人々が彼らの応援ソングを求めており、 どれだけ背中を押され、 日々力をもらっているかが伝わってきた。

『はじまりの恋』ではMOCAが客席へ飛び出し、 観客をステージに上げて歌ったり、 Roverは袖からスタッフを連れてきて歌ったりし始める。 2人目の観客をMOCAが連れてきたと思いきや、 HiDEXに渡すなど好き放題。 とにかく自由な3人だが、 何よりも観客が心から喜び、 楽しんでいる姿が印象的だった。 1月20日に大阪城ホールで念願のワンマンライブを成功させた事を踏まえ、 地元大阪への熱い想いを届け、 大切な曲だという『ライオン』へ。 丁寧に熱唱する3人の姿に胸をうたれた人も多いだろう。
『i』では観客全員がペンライトもしくは携帯電話のライトを照らし、 ロマンチックな風景に。 そこから一転してアッパーな『Trip』へ。 DJのお腹に響くキック音も心地良い。 〆に向けて、 MOCAが童謡や90年代のヒットナンバーを交える煽りで観客を再度盛り上げて、 ラストナンバー『ベリーグッド』へと繋ぐ。 応援ソングで感動させ、 アッパーソングで楽しませ、 流石としか言い様がないライブ。 また、 事あるごとにMCでDISH//の名を連呼して、 対バンである事を意識していた様も素晴らしかった。

菅沼によるプレゼント抽選会を経て、 いよいよ大トリのDISH//の登場。 番組出演時のVTRが流れただけで、 観客から歓声が起きるほどの人気ぶり。 1曲目『HIGH-VOLTAGE DANCER』はドッシリとしたサウンドから始まり、 そこから疾走感あるノリの良いメロディーが特徴的であった。 橘柊生(Fling Dish/RAP /DJ/Key)のラップも炸裂していく。 『I’m FISH//』はユーモアある歌詞だが、 「これぞおれの人生」という歌詞などもあり、 男っぽいイメージを感じさせられるナンバー。 そして、 一気に『FLAME』と凄いスピードで駆け抜けていく。

 

北村匠海(Vo/G)はMCで「ベリグさん、 DISH//って名前を何回言ってくれてるんだろうって思った!」と、 ベリーグッドマンのライブの感想を。 そして、 あいみょん作詞作曲のバラード『猫』へ。 しっとりしたサウンドが鳴っただけで、 観客からは興奮したような歓声が起きる。 バラードを心待ちにする観客は素敵であり、 それに彼らも応えていく。

『I Can Hear』では北村、 矢部昌暉(G)はギターを演奏したままで、 橘と激しいダンスを繰り広げる。 このメリハリの効いた流れもあるからこそ、 観客はのめりこんでいくのだろう。
リズムに乗せ、 メンバーがラップで自己紹介をしていくコーナーの後は、 泉大智(Dr)の早いカウントから、 OKAMOTO'Sのオカモトショウが作詞作曲を手掛けてドラマ主題歌にもなった『僕たちがやりました』へ。 骨太のロックサウンドであり、 “生きろ!死ぬな!”という歌詞が胸に突き刺さる。 4つ打ちEDMナンバー『JUMPer』と王道ロックナンバー『勝手にMY SOUL』を畳み掛け、 本編は終了。

おかわりという名のアンコールでは、 『東京VIBRATION』の大阪バージョン、 その名も『大阪VIBRATION』を披露!ベリーグッドマンも登場し、 全員でタオルを振り回して、 盛り上げまくる。 橘とMOCAがラップでコラボしたり、 北村と矢部のギターソロではRoverとMOCAが温かく見守りながら煽ったりと盛り上がりは絶頂に。 ラストナンバーはベリーグッドマン『プレイヤー』のカバーで完全コラボを果たす。 最後まで笑顔の絶えない夜であった。
このイベントの模様は、 4月14日(土)21:00から放送される。 また、 翌日2月14日も同、 なんばHatchで、 チュートリアルと菅沼がMCで登場する「チュートリアルの徳ダネ福キタル♪SPECIAL LIVE Vol.8」が開催。 LIVE ACTでは、 鶯谷フィルハーモニー、 大森靖子、 酸欠少女さユり、 BiSHが出演する。

(取材・文/鈴木淳史、 撮影/渡邉一生)







バンドマンにおすすめグッズ

バンドマンにおすすめの本

  • この記事を書いた人
Muses - 最新音楽ニュースまとめ

Muses - 最新音楽ニュースまとめ

最新の音楽ニュースをピックアップ! 邦楽ロック、インディーズ、洋楽、たまには演歌まで、日本の音楽シーンの今をお届けします。

-音楽ニュース
-, , , , , , , , , , , ,

© 2020 Muses - ミューゼス