音楽プレイリスト 音楽ニュース

BUCK-TICKの未配信だった過去作品を一挙解禁!『夢見る宇宙』『RAZZLE DAZZLE』『十三階は月光』などの名盤を配信開始

2019年4月17日




サブスクリプション型(定額制)音楽ストリーミングサービス「AWA(アワ)」は、 2019年4月17日(水)より、 BUCK-TICKのいままで未配信だった過去作品の配信を開始いたしました。 また、 配信開始を記念し人気曲を集めたプレイリスト『BUCK-TICKのCLASSICS』を公開。

1987年にメジャーデビューを果たし、 以降メンバーチェンジすることなく、 日本のロックシーンの第一線で活躍し続け、 不動であり孤高であるその姿は、 後続するアーティスト達にも多大な影響を及ぼしてきたBUCK-TICK。 今回、 配信される作品は、 2012年に設立された独自レーベル「Lingua Sounda(リンガ・サウンダ)」からのリリース作品『夢見る宇宙』『或いはアナーキー』をはじめ、 メジャーデビュー20周年を記念したメモリアル・アルバム『天使のリボルバー』や、 「JUST ONE MORE KISS」「JUPITER」「ドレス」といった人気楽曲のシングル盤となります。 AWAでは、 配信開始を記念して、 BUCK-TICKの人気曲を集めたプレイリスト『BUCK-TICKのCLASSICS』を公開。 ぜひ、 BUCK-TICKの軌跡を詰め込んだプレイリストをお楽しみください。

BUCK-TICK のCLASSICS
01. 惡の華
02. スピード
03. JUST ONE MORE KISS
04. ドレス
05. くちづけ
06. エリーゼのために
07. 薔薇色の日々
08. 残骸
09. MISS TAKE~僕はミス・テイク~
10. 見えない物を見ようとする誤解 全て誤解だ
11, Solaris
12. 月下麗人
13. Alice in Wonder Underground
14. Snow white
15. die
16. REVOLVER
17. 唄
18. JUPITER
19. HEARTS
20. TO-SEARCH
21. ROMANESQUE
22. BOLERO
23. ミウ
24. BRAN-NEW LOVER
25. 囁き
26. ヒロイン
27. SEXUAL ×××××!
28. 胎内回帰
29. GUSTAVE
30. Moon さよならを教えて
31. BABEL
32. UNDER THE MOON LIGHT
33. love letter
34. Madman Blues -ミナシ児ノ憂鬱-
35. 太陽ニ殺サレタ
36. MOON LIGHT
37. MAD
38. HURRY UP MODE
39. MY EYES & YOUR EYES
40. KISS ME GOOD-BYE
41. キャンディ
42. LOVE ME
43. ICONOCLASM
44. ...IN HEAVEN...
45. PHYSICAL NEUROSE
46. チョコレート
47. TO-SEARCH
48. ナルシス

▼プレイリストURL
mf.awa.fm/2UzKNe4

BUCK-TICK
1987年にメジャーデビューを果たし、 以降メンバーチェンジすることなく、 日本のロックシーンの第一線で活躍し続けるBUCK-TICK。 不動であり孤高であるその姿は、 後続するアーティスト達にも多大な影響を及ぼしてきた。 1989年にリリースされた3rdアルバム『TABOO』でチャート第1位を獲得。 デビュー後わずか2年の間に日本武道館、 東京ドームと席巻し、 名実共にトップアーティストの仲間入りを果たす。 その後も独特なポップセンスとダークな世界観を深く掘り下げていく一方で、 常にその時代の先鋭的な要素を積極的に取り入れ、 まさにBUCK-TICKでしか成し得ない独自の音楽性を提示しながらも、 今なお進化し続けている。
2013年にはデビュー25周年を記念した初のドキュメント映画『劇場版BUCK-TICK~バクチク現象~』が全国上映され話題となる。
2016年にビクターに20年振りに復帰。
2017年にデビュー30周年を迎え、 MTVの年間の優れたミュージックビデオを発表する音楽アワード「MTV VMAJ 2017」で、 現在の日本のミュージックシーンにおいて多大な影響を与えた邦楽アーティストに贈られる特別賞「Inspiration Award Japan」を受賞。
9月にはデビュー30周年を記念した野外ライヴを東京・お台場野外特設会場J地区にて開催し、 2日間で2万人を集めた。
11月15日には30周年第1弾シングル「BABEL」、 2018年2月21日に第2弾シングル「Moon さよならを教えて」をリリース。 3月14日には21枚目となるオリジナルアルバム『No.0』をリリースし、 オリコン週間アルバムランキング2位、 ビルボード週間アルバムセールスチャートでも2位を獲得。
アルバム『No.0』をひっさげた全国ツアー「BUCK-TICK 2018 TOUR No.0」は各地でチケットがソールドアウトし、 追加公演の東京国際フォーラム ホールAも即日完売となった。
また、 6月27日にリリースした映像作品「CLIMAX TOGETHER ON SCREEN 1992-2016 / CLIMAX TOGETHER 3rd」がオリコン週間映画Blu-ray/DVDランキングで1位を獲得。
9月21日には、 2017年9月に開催した「BUCK-TICK 2017 "THE PARADE" ~30th anniversary~」の模様を完全収録した映像作品「THE PARADE ~30th anniversary~」をリリース。
そして10月からはファンクラブ会員限定ライヴ、 モバイルサイト会員限定ライヴを含む全21本のスタンディングツアー「TOUR No.0 - Guernican Moon -」を開催。
12月29日には、 2018年の全国ツアー「BUCK-TICK 2018 TOUR No.0」「TOUR No.0 - Guernican Moon -」の集大成となる日本武道館公演「TOUR No.0 -FINAL-」を開催。
2019年5月25日(土)26日(日)に、 幕張メッセでワンマンライブ「ロクス・ソルスの獣たち」を開催する。

アプリ概要
「AWA(アワ)」は、 サイバーエージェントとエイベックス・デジタル株式会社の共同出資によるAWA株式会社が提供する、 サブスクリプション型(定額制)音楽ストリーミングサービスです。 2015年5月にサービスの提供を開始し、 配信楽曲数は5,300万曲、 著名人およびユーザーが作成したプレイリスト数は約1,000万件におよびます。 2016年11月には、 「オフライン再生」を除くすべての機能が月額無料で利用できる新「Freeプラン」を発表。 楽曲のショートバージョンをクロスフェードで再生できる新機能「ハイライト再生」も追加し、 累計ダウンロード数は1,800万ダウンロードを突破いたしました(2019年1月2日時点)。 また、 2017年12月に発表された、 Google Play発表「ベスト オブ 2017」日本版にて、 アプリの中で頂点となる「2017年 ベストアプリ」を受賞。 2018年10月には、 ショートムービープラットフォーム「TikTok(ティックトック)」と、 音楽事業において業務提携いたしました。 「AWA」は名実ともに国内最大規模の音楽ストリーミングサービスへと成長しています。

名称:「AWA(アワ)」  http s ://awa.fm/
推奨環境:<スマートフォン版>iOS 10.0以降、 Android 6.0以降
<PC版>Windows 7, 8, 8.1, 10 (32/64bit)、 Mac OS X 10.9 Mavericks以上
<埋め込みプレイヤー> Google Chrome (最新版)、 Microsoft Edge (最新版)、
Safari (最新版), Internet Explorer 11以降
価格:Standardプラン(月額 税込960円)/ Freeプラン(月額 無料)
提供開始:2015年5月27日

URL
AWA: http s ://awa.fm/
App Store: itunes.apple.com/jp/app/awa-music/id980578855
Google Play: play.google.com/store/apps/details?id=fm.awa.liverpool
デスクトップ版アプリ: awa.fm/download/
AWA最新情報: news.awa.fm/
AWA公式Twitter: twitter.com/awa_official?lang=ja

 







  • この記事を書いた人
Muses - 最新音楽ニュースまとめ

Muses - 最新音楽ニュースまとめ

最新の音楽ニュースをピックアップ! 邦楽ロック、インディーズ、洋楽、たまには演歌まで、日本の音楽シーンの今をお届けします。

- 音楽プレイリスト, 音楽ニュース
-, , , , , , , , , ,

Copyright© Muses - ミューゼス , 2019 All Rights Reserved.