Muses - ミューゼス編集部

Muses - ミューゼス編集部

音楽コミュニティサイト「Muses - ミューゼス」では、全国の音楽好きのみなさんの投稿記事を募集しています。 バンドマン・アーティストの方の投稿も歓迎 です。

ギタリスト

2020/7/17

ギターが本気で上手くなるためには客観的に聴いてみることが重要

ギターが上手くなるには ギターを演奏する上で最も重要なことは、ギターを演奏したいと思う熱意だと思いますが、実際の話、熱意だけでは上手くなりません。 そこで重要になるのが、自分のプレイを客観的に聴いてみることだと思います。 そうすれば自分が出来ていない部分や、リズムがずれやすいところなども判断できるようになると思います。 実際にある程度のスキルが付いたら、曲を作って録音してみることが良いと思います。 良い感じに弾けるまで、何度も繰り返し引くことは練習にもなります。 また録音する過程で、色々なアイディアを試す ...

私と音楽

2020/6/25

ハイスタ世代 HI-STANDARDというモンスターバンド #私と音楽

青春のバンド 私が高校生の時突如として現れたバンド、HI-STANDARD。 それまでのジャンル、日本ではビジュアル系というジャンルが全盛期でしたが、それとは全く違う形でバンドブームを巻き起こしたバンドです。 メロディックハードコア通称「メロコア」 自分が知っている範囲ではGREEN DAYがメロコアの発祥だと思いますが、ハイスタが日本でハイスタメロコアに火をつけたのは間違いないと思います。 何がすごいの? ハイスタの凄さはやはりインディーズでCDセールス100万枚を超えるという当時では考えられないことを ...

私と音楽

2020/6/9

「米津玄師」というアーティストの魅力について

今年のカラオケで、一番歌われた歌はなんだか知っていますか? 正解は、「Lemon」という曲です。 この歌はドラマ「アンナチュラル」の主題歌として書き下ろされました。 メロディが行ったり来たりするため、とっても歌いづらい曲ですが、どうして様々な人に愛される楽曲となってのでしょうか? 2018年の紅白歌合戦に、初めて出演した彼は、地元でLemonを歌いました。 「ドラマのために書き下ろした楽曲でありながら、制作中にこの世を離れた祖父のことと重なり、そのような気持から故郷でLemonを歌いたい…」というような発 ...

私と音楽

2020/6/25

自分がXJAPANと出会って四半世紀経って思うこと。

X JAPANとの出会いそして解散 自分がX JAPANに出会ったのは高校一年か二年の頃です。 たまたまテレビのCMでToshIの歌声を聞いてどんなバンドなんだろう? と思い、アルバムBLUE BLOODを買ったのが最初でした。 それ以前は自分は父親の影響でかぐやひめなどのフォークやチューリップやオフコースなどのニューミュージックを聞いていたので本格的なロック、メタルのアルバムはこれが生まれて初めて買ったアルバムでした。 聞いた瞬間からYOSHIKIの世界観に一気に圧倒され毎日聞くようになりシングル、アル ...

私と音楽

2020/6/25

誰にも真似できない素晴らしい声を持つAimerとは

Aimerさんとは 誰にも似ていない独特な声が素晴らしい 楽曲がアニメの主題歌になったりして、ブレイクしているシンガーのAimerさんですが、なんといっても素晴らしいのは、その独特すぎる声質だと思います。 しっとりとした感じで、それでいてハスキーさも合わせ持っていて、優しく癒される感じで、聴いいていると本当に心地よくなり、素晴らしいと思います。 蝶々結び RADWIMPSの野田洋次郎さんが作詞作曲、そしてプロディースまで手がけていて話題になった曲です。 最初にAimerさんを知った楽曲で、第一印象は正直ピ ...

ライブハウス 音楽コラム バンド活動のコツ

2020/3/23

ロックバンドのADをしていました!色々あった思い出を語ります!

★はじめに 皆さん、音楽は好きですか?私は特に90年代後半~2000年代初頭にヒットした日本のロックバンドが大好きです。 そのときが中高生時代なので、まさしく直撃世代ですね! 特に黒夢やラルクアンシエル、GLAY、ちょっと時代は遡りますがX JAPANなどがまさしく私の音楽のコアです。 あとアニソンも好きで、水樹奈々さんやT.M.Revolution(西川貴教さん)も好きです。 そんな私ですが、15年ほど昔、とあるバンドのADをしていました!その体験について書いていきます! ★きっかけ 私には学生時代、同 ...

私と音楽

2020/3/16

ダークな感情の中にも力強さを感じさせるTHE BACK HORN #私と音楽

私が好きなアーティストはロックバンドであるTHE BACK HORNです。 最初の出会いは高校生の頃。 学生生活に悩んでいて、落ち込む日々でした。 そんなときに彼らの曲、涙がこぼれたらがテレビで流れていました。 シンプルなギターの音に、ボーカルの力強い声。 そして男くさい見た目に目を奪われたのを覚えています。 それを機に彼らが気になって、過去の曲をチェックしたりしていきました。 初期の曲に多いのですが、とにかく歌詞の内容が暗い。 絶望をテーマに歌っていることが多いです。 しかし、そのまま沈んでいるわけでは ...

私と音楽 音楽ニュース

2020/3/2

これから先もずっとBUMPの世界観と共に。

BUMPの曲に、天体観測という曲がある。 この曲がBUMPがこれだけ世界中に広がるきっかけの一つになったといっても過言ではない。 天体観測が発表されたのは、2001年だった。 あれから10年以上も経過している今、この音楽は今もなお新たな世代のBUMPファンをはじめとし、実に様々な人に愛されている。 不思議なことに、この曲はこれだけ発売されてから年月が経過が経過しているにもかかわらず、全く色あせていないのだ。 メロディーはもちろんだが、何といっても歌詞も今もなお、あの当時とは全く異なる生活環境になっているに ...

作曲のコツ

2020/3/25

【おすすめの作曲方法】メロディーを作り出し、音楽的な感性を養う方法とは

「自分の好きな曲をオリジナルに」 オリジナルソングを作る前に、最初のうちは、自分の好きな曲を右手だけでも弾けるようにします。それにパターン化された伴奏を左手で弾いて、その音に合うコードを見つけたら、両手で練習します。 ポップソングの場合は、4拍子がほとんどなので、 コードCの場合、「ド(4)ミ(4)ソ(4)ミ(4)」や「ド(4)ミ(4)ソ(4)ド(4)」 等でリズムを作っていき、その曲のコードに合わせて練習すると、好きな曲の簡単なオリジナルを作ることが出来ます。 また、少し応用版の伴奏として「ド」を8部音 ...

ライブハウス 音楽コラム

2020/2/10

【高円寺20000V】本物のハードコアは高円寺のライブハウスにあり

ライブハウス高円寺20000Vとは 都内のハードコアの聖地と言えば高円寺、新宿、下北沢。 その中でも高円寺には数々の伝説ハードコアバンドを生み出したライブハウスが存在した。 その名も「高円寺20000V」 高円寺駅からルック商店街を歩き、駅から立地も良いライブハウスだった。 80年代後半から2000年代にかけて多くのハードコアバンドを輩出した。 印象的なのは、THE STALIN(ザ・スターリン)、GAUZE(ガーゼ)の消毒GIG、原爆オナニーズ、町田町蔵、Eastern youth (イースタンユース) ...

みんなが好きな曲

2020/2/3

元気になれる!背中を押してもらえるZARDの名曲3選

応援ソングといえばZARD たとえば大会の前日に緊張していたり、好きな人に話しかける勇気がなかったり…誰かに背中を押してもらいたい時はありませんか? そんな時はとても前向きな気持ちになれる、ZARDの曲がおすすめです! そんなあなたのために、今回はZARD初心者でも入りやすい「zard golden best 〜15th anniversary〜」から3曲を厳選してみました。 恋をしている時の応援ソング「心を開いて」 好きな人に、なかなか心を開くことってできないですよね? この「心を開いて」という曲は、そ ...

楽器

2020/1/27

ティンパニを鳴らしてみて感じたことを記してみようと思いました

最近加入したアマチュアオーケストラでティンパニを任されました。 楽団の打楽器奏者は、コンサートで使う打楽器のほとんどを経験します。 ただ、楽曲の編成上ティンパニは別格のように感じます。 ただ見てみると、単に音階を変えられる「太鼓」ですが、叩き方、面の張り具合やマレット(ばち)の種類によって様々な表情を見せるのです。 そして、チューニングにも結構神経を使います。 演奏時間が長い曲の場合、曲の途中で音階が変わることも多く、そのたびに音階を変えるのですが、旧式のティンパニの場合、ハンドルレバーを回して高さを変え ...

© 2020 Muses - ミューゼス