Muses - ミューゼス編集部

Muses - ミューゼス編集部

音楽コミュニティサイト「Muses - ミューゼス」では、全国の音楽好きのみなさんの投稿記事を募集しています。 バンドマン・アーティストの方の投稿も歓迎 です。

私と音楽 音楽ニュース

2019/11/21

これから先もずっとBUMPの世界観と共に。

BUMPの曲に、天体観測という曲がある。 この曲がBUMPがこれだけ世界中に広がるきっかけの一つになったといっても過言ではない。 天体観測が発表されたのは、2001年だった。 あれから10年以上も経過している今、この音楽は今もなお新たな世代のBUMPファンをはじめとし、実に様々な人に愛されている。 不思議なことに、この曲はこれだけ発売されてから年月が経過が経過しているにもかかわらず、全く色あせていないのだ。 メロディーはもちろんだが、何といっても歌詞も今もなお、あの当時とは全く異なる生活環境になっているに ...

私と音楽

2019/11/14

「米津玄師」というアーティストの魅力について

今年のカラオケで、一番歌われた歌はなんだか知っていますか? 正解は、「Lemon」という曲です。 この歌はドラマ「アンナチュラル」の主題歌として書き下ろされました。 メロディが行ったり来たりするため、とっても歌いづらい曲ですが、どうして様々な人に愛される楽曲となってのでしょうか? 2018年の紅白歌合戦に、初めて出演した彼は、地元でLemonを歌いました。 「ドラマのために書き下ろした楽曲でありながら、制作中にこの世を離れた祖父のことと重なり、そのような気持から故郷でLemonを歌いたい…」というような発 ...

私と音楽

2019/11/7

ダークな感情の中にも力強さを感じさせるTHE BACK HORN #私と音楽

私が好きなアーティストはロックバンドであるTHE BACK HORNです。 最初の出会いは高校生の頃。 学生生活に悩んでいて、落ち込む日々でした。 そんなときに彼らの曲、涙がこぼれたらがテレビで流れていました。 シンプルなギターの音に、ボーカルの力強い声。 そして男くさい見た目に目を奪われたのを覚えています。 それを機に彼らが気になって、過去の曲をチェックしたりしていきました。 初期の曲に多いのですが、とにかく歌詞の内容が暗い。 絶望をテーマに歌っていることが多いです。 しかし、そのまま沈んでいるわけでは ...

私と音楽

2019/10/31

多くの若者の共感を得るバンプオブチキンの曲 #私と音楽

長いこと若者から支持されているバンド 昔から好きなバンドがいます。 それはバンプことバンプオブチキンです。 彼らは10代の若者から年配の方まで支持されているバンドです。 これほどまでに幅広い世代に支持されるのは、彼らの音楽と人間性が良いからでしょう。 独特の世界観 ファンの誰もが口にするのは、彼らの音楽の世界観です。 メロディーも良いのですが、それに乗せる歌詞が独特です。 小説のような物語を1つの曲で表現することもあります。 時には若者の悩みや葛藤を歌ったかのような歌詞。 それらに共感した人がファンになる ...

ライブハウス 音楽コラム バンド活動のコツ

2019/10/24

ロックバンドのADをしていました!色々あった思い出を語ります!

★はじめに 皆さん、音楽は好きですか?私は特に90年代後半~2000年代初頭にヒットした日本のロックバンドが大好きです。 そのときが中高生時代なので、まさしく直撃世代ですね! 特に黒夢やラルクアンシエル、GLAY、ちょっと時代は遡りますがX JAPANなどがまさしく私の音楽のコアです。 あとアニソンも好きで、水樹奈々さんやT.M.Revolution(西川貴教さん)も好きです。 そんな私ですが、15年ほど昔、とあるバンドのADをしていました!その体験について書いていきます! ★きっかけ 私には学生時代、同 ...

みんなが好きな曲 音楽コラム ドラマー

2019/10/17

【ドラマー】ライブキッズが選ぶドラムがカッコいい曲はこれだ!

ドラムのカッコいい曲の紹介ということで、隙あらばライブへ通う私が選ぶドラムがカッコいい曲をご紹介します。 今回ご紹介するのは、Brian the Sunの『Mitsuhide』です。 2017年1月11日に発売された『パトスとエートス』というアルバムに収録されています。 少しこの曲自体の紹介をしますが、本能寺の変を起こした明智光秀をイメージして作られた曲で、全体的にセンセーショナルな曲です。 そしてこの曲のドラムがとんでもなくカッコいいんです!! 曲のイントロから、ハイテンポで鋭いハイハットの裏打ちが始ま ...

音楽コラム 作詞のコツ

2019/10/10

初めての作詞は、友人の為に書き上げたものでした

私が初めて作詞を体験したのは、高校生の時でした。 友人がバンドを初めて、歌詞を書いて欲しいと頼まれた事がキッカケでした。 私は詞を書くのが好きで、趣味で書いては友人に見せたり、授業で発表していたからだと思うのですが、作詞というのは初めての体験だったので、かなり緊張しました。 友人が作曲した曲をテープに入れてもらい、一日中聴いていました。 ですが、最初はなかなかイメージが浮かばずに、もしかしたら無理なのかもしれないと、諦めかけた時に、唐突にイメージが浮かんできました。 そして、一度イメージが浮かぶと、次々と ...

音楽コラム ベーシスト バンド活動のコツ

2019/10/3

ベースが上手くなるには演奏より勉強が大切!!

ベース歴は13年、遅咲きだったベース人生 ベーシストとして、日々技術力の向上やリズムを取る練習などを行ってきたが、ある挫折を経験するまではただひたすらベースを弾き、好きなバンドのコピーばかりを行い練習をしてきた。 ベーシストとしての挫折・手数の少なさ バンドを組み、バンドを組んだのならばオリジナルの曲を作ろうという、流れを繰り返していくと自然と自分のベースラインの手数の少なさが浮き彫りになってきた。 今までコードや理論の勉強、他ジャンルの演奏など行って来なかった為の代償と感じた。 そこで理論の勉強や他ジャ ...

ライブハウス 音楽コラム

2019/9/26

ライブハウスには、私の遅めの青春がありました!

私が初めてライブハウスに訪れたのは…正直いつのことだったかあまり覚えていませんが、おそらく24歳か25歳の時だったと思います。 当時勤めていた仲のいい職場の先輩が、好きな音楽のジャンルが一緒でよく話していたのですが、その中で好きなインディーズバンドがいるからとCDを貸してくれたことをきっかけに、私もそのバンドにはまりました。 それまではCDで聴くもののライブ自体には行ったことがなかったのですが、そのインディーズバンドが渋谷clubクアトロでライブすることが分かり、初めてライブ参戦をすることになりました。 ...

ライブハウス 音楽コラム

2019/9/19

バンドマンの追っかけは青春であり、私のすべてでした。

中学の頃から音楽が大好きで、もう生活のすべてという感じでした。 特に海外のバンドが大好きで、英語を必死で頑張り、高校生になった頃から、海外のバンドマンに手紙を出すようになりました。(メールの無い時代です!) インディーズ系とか、デビューしたばかりのバンド、マイナーなバンドのバンドマンは手紙の返事をくれたりする人もいて、何度かやり取り後に、来日したりする会いに行って仲良くなったり、海外まで見に行ってバンドマンと仲良くなったりするようになりました。 海外だと、わざわざ日本から会いに来てくれた! と、特別扱いし ...

みんなが好きな曲

2019/9/6

おすすめ恋愛ソング♡恋愛でくじけそうな時に気持ちを高めてくれる曲5選

おすすめ恋愛ソング 選私は恋人となかなか会えませんし、連絡も頻繁には取れないので、音楽を聴いて気持ちを高めています。 そんなときおすすめの曲5選です。 あいみょん「ふたりの世界」 これは、恋人とのふたりだけでラブラブな気持ちや生活が表現されています。 この曲を聴いて、恋人とラブラブになった自分を想像して、恋人への気持ちを高めています。 恋人との生活を想像するだけで、気持ちが上がります。 RADWIMPS「いいんですか?」 この曲は、どれだけ私が恋人のことが好きか、受け入れてくれる曲です。 歌詞がとにかくど ...

私と音楽

2019/9/6

自分がXJAPANと出会って四半世紀経って思うこと。

X JAPANとの出会いそして解散 自分がX JAPANに出会ったのは高校一年か二年の頃です。 たまたまテレビのCMでToshIの歌声を聞いてどんなバンドなんだろう? と思い、アルバムBLUE BLOODを買ったのが最初でした。 それ以前は自分は父親の影響でかぐやひめなどのフォークやチューリップやオフコースなどのニューミュージックを聞いていたので本格的なロック、メタルのアルバムはこれが生まれて初めて買ったアルバムでした。 聞いた瞬間からYOSHIKIの世界観に一気に圧倒され毎日聞くようになりシングル、アル ...

Copyright© Muses - ミューゼス , 2019 All Rights Reserved.