Muses - ミューゼス編集部の記事

ライブレポート 注目のアーティスト

2019/6/24

満員の観客が詰めかけた新宿ReNYワンマン公演の舞台で、TEARS-ティアーズ-がメジャーデビューを発表!!

 昨年11月末日に渋谷WOMBを舞台にTEARS-ティアーズ-が行った「2周年記念単独公演」。その場で告げたのが、2019年6月11日に新宿ReNYで2ndワンマンライブを行う」こと。あれから7ヶ月強、TEARS-ティアーズ-は、新宿ReNYの舞台に立っていた。【TEARS-ティアーズ-2nd ONEMAN LIVE~The Sanctuary Garden~】と題したこの晴れ舞台に、フロアを埋めつくす大勢の人たちが詰めかけていた。     先に、この日発表になったことを伝えておこう。TEARS-ティアー ...

音楽コラム

2019/6/23

バンドマンに恋をしてしまった場合はどうしたら良い?

ライブに通ううちに、だんだんとそのバンドマンに恋してしまったという人は意外と多いのではないでしょうか。 ステージに居る相手がキラキラして見える、あの人が作る曲は、歌詞や音は、何故こんなにも自分の事を理解してくれるのか・・・そんな曲や音を好きになった気持ちから、恋に落ちてしまった事はありませんか? 曲への愛が、だんだんとそのアーティストへの愛情を加速させてゆき、自分がその人の恋人になりたいという思いへ繋がっていってしまうのです。 バンドマンに恋をするのは自然な流れでもあるでしょう。 しかし、バンドマンはステ ...

ニュース

2019/6/23

「花より男子」が大好きな、じつはヲタクのベトナム人シンガーYORI、1stミニアルバムを手に、イベントを通して日本でライブデビュー!!

ベトナムで高い人気を誇る4人組ガールズダンスグループ"Lip B"(Light In Pandora Box)。「Love You Want You」のMVはYouTubeで1100万強の再生回数を数えているように、ベトナム本土を超え、世界中のダンスヴォーカルグループを支持する層から今、熱い視線を集めている。 Lip BのメインヴォーカリストのYORIは、2018年に行われた「Japan Dream Audition」での優勝をきっかけに、日本とベトナムとの交流を担うアーティストとして日本でも活動を始めて ...

ギタリスト 音楽コラム

2019/6/22

ギターは色気があり最高、語り尽くせない魅力

小学生の時に初めて買ったCDがB'zの「RISKY」で、それからずっとB'zを追いかけて聴いていて、中学生の時にギターの松本孝弘さんのラジオでイングヴェイ・マルムスティーンの「Far Beyond The Sun」を聴いてクラシック音楽に影響を受けたものすごい速さに衝撃を受けてギターに目覚めました。 ギターの素晴らしいところは、譜面では表せないような微妙なニュアンスを表現できることだと思います。 プレイヤーそれぞれで違うヴィブラートの揺れ幅や速さが、メロディーを完結させ感動的に仕上げるのが素晴らしいところ ...

ニュース 注目のアーティスト

2019/6/21

R指定の『-SHAMBARA-』を「弾いてみた」映像もアップ!!ヴィジュアル系好きな"ゆるキャラ"「ぶいにゃす」って何者??

  ぶいにゃすがtwitter上に姿を現したのは、5月22日のことだった。当初は、体型に似合わない過激??な行動と言うべきか、腹筋をしていたらマシンから転げ落ちる姿や、キャットタワーに登ろうと悪戦苦闘する様、フラフープに挑戦する模様や、ただただ昼寝をしているなど、怪しい動きの動画をアップし続けていた。中には、DAPUMPの『USA』を踊ってみた動画も…。   そのうち、ヴィジュアル系雑誌の付録のトレカを、もふもふとした手で必死に取る映像や、ヴィジュアル系バンドのCDを紹介する写真、ヴィジュアル系CDの専門 ...

インタビュー・コメント 注目のアーティスト

2019/6/21

あなたもDaccoと一緒に、人生を「エンジョイ」しながら、心も身体も炎上…燃焼させようか!!

Lida(Psycho le Cému/NINJAMAN JAPAN)とYURAサマ(Psycho le Cému/THE BEETHOVEN/Brother)の2人により2005年に誕生したDacco。何気に…そう、何気に14年間ノンストップで活動。お互いに、一番長く止まることなく活動を続けている事を改めて(初めて知った?)認知していただきたい。   Daccoは、大体"1年周期"で「テーマ」を掲げては、その「お題目」に沿った活動を、年間を通して行い続けている。今年2月までの 約1年半弱に渡り掲げていた ...

音楽コラム

2019/6/20

バンドマンの音楽に恋をして、日々それに救われています

バンドマンにというよりは、その人の作る音楽に恋をした、と言った方が正しいのかもしれません。 音楽というのはとても偉大です。 お腹が空いた時、ご飯を食べなくても、イヤホンを両耳にさして再生ボタンを押すと、お腹の底からじんわりと暖かい気持ちで満たされるのです。 わたしが恋をしたミュージシャンは「ダウンロードも便利だけど、CDを手元に置いてほしい」といつも言っています。 最近は本当に便利な時代で、ボタン一つで音楽が買える時代になりました。 それはとても画期的なことです。 だけどやはり、CDというものはとてもすご ...

みんなの夢、悩み

2019/6/19

緊張してみんなの前で大失敗!落ち込んだ時の気分転換3選

・緊張したときの方法 緊張した時に、あがってしまい声を出すことができなかったということはよくある事です。 まったくあがらないという人が、本当に羨ましいです。 この私もあがり症なので、毎日とても辛い思いをしたことがありました。 そんなとき、落ち込みましたがその後に気分転換をすることにより立ち直ることができたのです。 その方法についてご紹介します。 ・直ぐに忘れるようにするためにお酒を飲む 私はお酒に強くないのですが、辛いと思ったときには飲むことにしています。 すると、落ち込んでいる気持ちをアップさせることが ...

ドラマー みんなの好きな曲 音楽コラム

2019/6/18

【ドラマー必見】ドラムがすごい曲3選!激しすぎるYOSHIKI編

天才ドラマーYOSHIKIのドラムプレイ 映画の音楽を手がけたり、最近ではバラエティ番組でも活躍する、全てにおいて妥協を許さずに完璧を求める日本が誇る天才ドラマーYOSHIKIが奏でるドラムプレイが超絶でものすごい曲を紹介したいと思います。 1.DAHLIA 正に全盛期の勢いを感じさせる、この曲でのプレイは本当に素晴らしいと思います。 終始超絶プレイが炸裂しますが、中間のセクションでのライドシンバルを使って奏でている、メロディアスで曲に入り込んだ感じが強いプレイが素晴らしいと思います。 2.Silent ...

楽器

2019/6/17

ティンパニを鳴らしてみて感じたことを記してみようと思いました

最近加入したアマチュアオーケストラでティンパニを任されました。 楽団の打楽器奏者は、コンサートで使う打楽器のほとんどを経験します。 ただ、楽曲の編成上ティンパニは別格のように感じます。 ただ見てみると、単に音階を変えられる「太鼓」ですが、叩き方、面の張り具合やマレット(ばち)の種類によって様々な表情を見せるのです。 そして、チューニングにも結構神経を使います。 演奏時間が長い曲の場合、曲の途中で音階が変わることも多く、そのたびに音階を変えるのですが、旧式のティンパニの場合、ハンドルレバーを回して高さを変え ...

作曲のコツ

2019/6/16

【おすすめの作曲方法】メロディーを作り出し、音楽的な感性を養う方法とは

「自分の好きな曲をオリジナルに」 オリジナルソングを作る前に、最初のうちは、自分の好きな曲を右手だけでも弾けるようにします。それにパターン化された伴奏を左手で弾いて、その音に合うコードを見つけたら、両手で練習します。 ポップソングの場合は、4拍子がほとんどなので、 コードCの場合、「ド(4)ミ(4)ソ(4)ミ(4)」や「ド(4)ミ(4)ソ(4)ド(4)」 等でリズムを作っていき、その曲のコードに合わせて練習すると、好きな曲の簡単なオリジナルを作ることが出来ます。 また、少し応用版の伴奏として「ド」を8部音 ...

バンド活動のコツ 音楽コラム

2019/6/15

仲良く長く続くバンドにするための2つの秘訣とは

仲良く長く続くバンドにするための2つの秘訣とは 私は大学生の頃に、男女2人ずつ、計4人のバンドグループを組んでいました。 私のバンドグループは比較的仲が良く、大学入学当初に組んだバンドは、卒業までの4年間、特に大きないざこざもなく続きました。 今回はそんな経験から、仲良く長く続くバンドにするための2つの秘訣を紹介します。 バンド内で恋愛をしないこと 仲良く長く続くバンドにするための秘訣、1つ目はバンド内で恋愛をしないことです。 男女のバンドグループでよくあるのが、バンド内恋愛です。このバンド内恋愛は非常に ...

Copyright© Muses - ミューゼス , 2019 All Rights Reserved.