MV 音楽ニュース

鹿乃の新曲MVに最上もが出演! 女子高生役も!?




動画共有サイトを中心に活動を続け、 数々のアニメ主題歌を歌う人気女性シンガー「鹿乃」(かの)の12月19日にリリースされるニューアルバム「rye」の収録曲、 『「Q」&「A」』のMVが公開され、 最上もがが出演していることで大きな話題となっている。

これまで制作された鹿乃のMVはイラストやアニメーションを用いたものだったが、 今回の作品では鹿乃たっての希望により親交のある最上もがの出演が実現。 もともと鹿乃の音楽ファンだった最上とSNSを通じて知り合い意気投合し、 今では大の仲良しという間柄だ。

この『「Q」&「A」』は、 カゲロウプロジェクトのじんが書き下ろした楽曲で、 「人生の中で一番綺麗で一番汚い自分自身と向き合って考える“思春期”」をテーマにしており、 「子どもの夢」と「大人の現実」の狭間に生き、 その時期にしか味わえない青春が秀逸に表現されている。

■鹿乃「Q」&「A」 MUSIC VIDEO

公開されたMVでは,同じ日が繰り返され、 夢にも現実にもなりきれないような、 不思議で危うさのある世界観を最上もがが絶妙な演技で際立たせており、 MVの仕上がりに鹿乃は「忘れてしまったようで忘れられない、 過ぎ去ってしまったのに追いかけずにはいられない、 そんな人それぞれの中にある「Q」&「A」を今回、 最上もがさん主演でMVにして頂きました。 誰よりも歌詞の意味を考え、 心の葛藤は“人間の綺麗な部分だ”と言いきった彼女に演じていただけて本当によかったです。 」とコメント。 女子高生を演じる彼女の制服姿も見逃せないポイントになっているので、 是非ご覧ください。

メディアの前に姿を見せず活動を続けてきた鹿乃だが、 すでに話題となっている自身のイメージキャラクター「ばんびちゃん」の着ぐるみでのメディア稼働もスタート!さらには、 来年の1月19日、 20日にはワンマンライブも決定するなど、 目まぐるしく活動を増やしている鹿乃の今後に注目ください。

<商品情報>
3rd Album「rye」 12/19(水)リリース

初回盤(2CD+DVD)デジパック仕様 ¥4,400(税込)TECI-1609

 

通常盤(2CD)3Pケース仕様 ¥3,500(税込)TECI-1611

Side-A (Disk-1)オリジナル盤
1.「Q」&「A」 *TBS/MBS系全国ネット「プレバト!!」エンディングテーマ(12月・1月)
2.春に落ちて
3.さよなら、 アダムとイヴ
4.なんで
5.loop loop loop
6.HOPE
7.Paddling Blue

Side-B (Disk-2)カバー盤
1.ハロ/ハワユ
2.想像フォレスト
3.六兆年と一夜物語
4.小夜子
5.メリーメリー
6.クライヤ
7.ピエロ

【鹿乃ライブ Days】
鹿乃ライブ Days - L -
2019年1月19日(土) 開場 17:15 / 開演 18:00
品川 Club eX

鹿乃ライブ Days - R -
2019年1月20日(日) 開場 16:15 / 開演 17:00
品川 Club eX

【鹿乃 プロフィール】
優しさと力強さを併せ持つ歌声で、 透明感のある声質が特徴だが、 楽曲によって声色とニュアンスを変えられる、 多彩な表現力も備えている。 また、 自ら作詞・作曲を行うこともできる。
2010年に動画共有サイトへのカバー動画を初投稿し、 これまでに投稿してきた動画の合計再生回数は2700万回を超える。
2015年5月に自身が担当したTVアニメ「放課後のプレアデス」のOPテーマを収録した1stシングル『Stella-rium』にてメジャーデビュー。
2016年には1stアルバム『nowhere』、 2017年には2ndアルバム『アルストロメリア』をリリース。
2018年6月に配信限定シングル「春に落ちて」がTOKYO MX1 TVアニメ「実験品家族 -クリーチャーズ・ファミリー・デイズ-」EDテーマとサンテレビ「アキナ・和牛・アインシュタインのバツウケテイナー」EDテーマとテレビ埼玉「待機!無理スカポリス」EDテーマのトリプルタイアップに。
2018年10月からはTVアニメ「狐狸之声」のEDテーマを担当。 FM-FUJIにてレギュラーラジオ「鹿乃のばんび~のラジオ」(毎週金曜25時~25時30分)を放送中。

■オフィシャルサイト
kano-official.amebaownd.com/

■テイチクエンタテインメント
www.teichiku.co.jp/artist/kano/







  • この記事を書いた人
Muses - 最新音楽ニュースまとめ

Muses - 最新音楽ニュースまとめ

最新の音楽ニュースをピックアップ! 邦楽ロック、インディーズ、洋楽、たまには演歌まで、日本の音楽シーンの今をお届けします。

- MV, 音楽ニュース
-, , , , , , , , , ,

Copyright© Muses - ミューゼス , 2019 All Rights Reserved.