インタビュー・コメント 注目のアーティスト

愛知県は小牧市のご当地アイドル、ハッピーパプリカとは…。

投稿日:2019年5月23日




  「愛知県産ハッピーになれるとウ・ワ・サのハッピーパプリカ」は、2015412日にデビューした、愛知県小牧市の3人組アイドルグループ。小牧市を中心に全国にハッピーを拡散中だ。今回は、メンバーの中から、しょこら(レッドパプリカ)とりょうか(イエローパプリカ)がインタヴューに応じてくれました。

 

 

東京は東京で、ファンの方の盛り上がり方が違うので新鮮です。

 

──ハッピーパプリカは愛知県小牧市で活動しているグループです。遠征で味わうライブは、やはり地元とは違う感覚なの?

しょこら  東京へはたまに遠征で来るんですけど。東京は東京で、ファンの方の盛り上がり方が違うので新鮮です。

──その違いが気になります。

しょこら  地域の特色なのかわからないですけど、掛け声の仕方も若干違います、東京のファンの方は物販に来てくれるときは楽しく話してくださる感じで。名古屋は全体的にガヤガヤしています。つねにガヤガヤしています。

──愛知の人ってみんな性格的にガヤガヤしてるの?

りょうか どうだろう。

しょこら わたしの印象だと、西に行くほどガヤガヤしてく印象があります。

──小牧市は西に近いの?

りょうか  真ん中だよね。

しょこら 岐阜に近いです。関東とも、関西ともまた違います。

 

ハッピーパプリカは、地元の小牧市を盛り上げるために活動をしています。市のお祭りに出たりとかも多いもんね。

 

──ハッピーパプリカとしてはどのくらい活動をしているのでしょうか?

しょこら  4月で、5年目に突入しました。

──ハッピーパプリカの魅力も、ぜひ教えてください。

しょこら  他のアイドルさんは「個性が魅力です」と言う方々が多いと思うんですけど、ハッピーパプリカは「個性」というよりも「兄弟感」ですね。ホントに裏表なく仲良しな関係。わたしは、りょうかにお世話をしてもらっている感じです ()

りょうか  りょうかって、キャラクター的にはしっかり者のお姉さんって感じなんですけど。蓋を開けてみるとそうじゃなくて、割と妹系の面倒みたくなる感じ。確かに姉妹や家族みたいな感じは、今のハッピーパプリカにはありますね。

しょこら  ライブ中のMCも、家で過ごしてるみたいな感じでしゃべっています。

──めちゃくちゃリラックスしてるんだね。

しょこら そうですね。ファンの方々も親しくしてくださいます。地元小牧市では定期ライブをやっているんですけど。定期ライブでもアットホームな感じでやっています。

──小牧市は、名古屋市とは異なる魅力を持った市だ。

りょうか  そうです。ハッピーパプリカは、地元の小牧市を盛り上げるために活動をしています。市のお祭りに出たりとかも多いもんね。

しょこら  小牧市の観光協会さんのサポート活動をさせてもらっているので、本当に市とのお仕事は多いてす。お祭りでの活動も多いから、一般の方々に観ていただける機会も多いです。

──そこもハッピーパプリカの魅力だ。ぜひ、小牧市の魅力も教えてください。

りょうか  名古屋は「味噌カツ有名だよね」とか「名古屋城あるよね」と言われるんですけど。小牧市にもお城があれば、名古屋コーチンという特産品もあるなど、いろんな特産品があることをみんなに知っていただけたらなと思います。

しょこら  ハッピーパプリカ自体も、小牧市を中心に、全国にまでという感じで活動をしています。ライブというよりも、市のPR活動がメインになることも多いように、それこそ特産品の紹介だとか、小牧市でチラシ配りを行うなど、普通のアイドルさんの活動とはちょっと違うんですけど。でも、ライブもやっているので、ぜひライブにも触れてください。

 

みんなで踊れる曲がハッピーパプリカは多いから、振りを真似しやすいのも心がけています。

 

──2人はライブの楽しさをどのように受け止めています?

りょうか  わたしは歌うのが好きだから、ライブで歌を共有出来るのはいいなと思います。

しょこら  わたしはダンスが好きなので、ライブ中にちっちゃい子が真似して踊ってくれてるのを観ると、ホントに嬉しい気持ちになります。

──2人とも、お互いの好きを活かしあっているように、いいバランスなんだね。

2  そうなんです。

しょこら  お互いに教えあってるからね。りょうかは、わたしのボイストレーナーです。

りょうか しょこらは、わたしのダンストレーナーです。ハッピーパプリカの振付師なので。

しょこら  ハッピーパプリカの曲の振付を全部やっています。

――振り付けで、ここを観て欲しいというポイントがあったら教えてください。

しょこら 同じ動きを入れ過ぎないことを心がけています。でも、みんなで踊れる曲がハッピーパプリカは多いから、振りを真似しやすいのも心がけているように、曲によっては真似しやすいけど、格好いい曲に関しては、みんなが真似できない格好よさを心がけています。その差を楽しんでもらえるのも、ハッピーパプリカの楽曲振付のポイントだと思います。

りょうか  おかげで、めちゃくちゃ特訓してもらってやっと振りを覚えるみたいな感じです()

 

お互いのキャラクターは??

 

――ここらで、お互いの魅力も教えてください。

りょうか  しょこらはツンツンしてるように見られるんですけど、仲良くなるとめちゃくちゃ可愛いところがあって。そこのギャップがいいなとわたしは思っています。仲良くなるまでがちょっと長いんですけど()、仲良くなったらすごい楽しい人のように、一押しの子です。

しょこら  あんまり自分から話しかけるのが得意ではないので、友だちを作りにくい体質ではあるんですけど、来てくれるぶんにはぜんぜんウェルカムです。自分からは行けないですけど、何時でも待ってますという気持ちです。

  りょうかはですね、何時もニコニコしていれば、お客さんと話すのも上手です。お客さんの心をつかむのも上手いよね。

りょうか  それ、人とのコミュニケーション能力が高いってことでしょ。

しょこら  あっ、そうそう()。でも、りょうかは本当にファンの人たちを大事にしてるよね。ファンの人への愛が側に居て伝わってくるんですよ。だから、りょうかファンの人は、本当にりょうかが大好きなのが目に見えてわかります、

りょうか  相思相愛でやってます()

しょこら  プライベートでは、本当にお姉ちゃんな感じが伝わります。お世話してもらってますからね。でも、同い年なんだけどね()

りょうか  しょこらは寝起きが悪いから、つい面倒をみちゃいます()

 

普段は街を歩いてても声をかけられないんですけど。衣装を着てると「あっ、ハッピーパプリカだ」と言われます。

 

――ハッピーパプリカの場合、多岐に渡る活動をしているように、ファン層も幅広いのでしょうか?

しょこら  お祭りなどに出ると、小っちゃい子たちがバーッと寄ってきてくれれば、「写真撮ってください」と小っちゃい子たちに言われると嬉しくなります。逆に、おばあちゃんに「一緒に写真を撮ろう」と言ってもらえるときもあります。

りょうか  何より、ハッピーパプリカのことを知ってくれているのが嬉しいよね。

――小牧市では、子供からおじいちゃんおばあちゃんまでハッピーパプリカのことを知ってるんだ。

りょうか  知ってくれてますね。普段は街を歩いてても声をかけられないんですけど。衣装を着てると「あっ、ハッピーパプリカだ」と言われます。

しょこら  個人名はなかなか覚えてもらえないんですけど、「あっ、パプリカの赤の子、黄色の子」みたいに覚えていただけているように、それは嬉しいですね。ハッピーパプリカの存在を知ってもらえているだけでもありがたいです。

――ハッピーパプリカとしての今後の野望も教えてください。

りょうか  わたしはメンバーもファンの方も、もっともっと楽しめるようなグループになっていけたらいいなと思ってます。

――ハッピーパプリカの、ここを観て欲しいポイントも教えてくれますか?            りょうか  それこそ、仲の良さだと思います。ステージ上でも物販のときでも、SNS上でも意識してなくても仲良しな感じが流れ出てるとよくファンの人たちにも言われるので、そこを観ていただけると嬉しいです。

 

今、小牧市の歌を作成中なので、今年中には披露します。

 

――アイドル活動を始めて、気持ちの面での変化も生まれました?

りょうか  わたしはめっちゃ変わりました。活動を重ねるごとに歌も自信を持って歌えてるし、ダンスも未経験者だったんですけど、踊るごとに褒められることが多くなってきて、やり甲斐が出てきています。

――いろんな人が褒めてくれてるんだね。

りょうか   それが自信になります。怒られるよりも、褒められたほうが「もっと努力しよう」ってわたしはなるから。なる?

しょこら  わたしは怒られるほうがいい()

りょうか  わたしは褒められて伸びるタイプですね。だからアイドル活動は自分にとってプラスなことしかないです。

しょこら  わたし、アイドル活動を始めたことで、まわりの友達からも「表情が柔らかくなったね」「「感情が豊かになったね」と言われるようになりました()。それに、自分から話すのも、まだ得意にはなっていないけど、苦手ではなくなりました。アイドルという職業は、受け身じゃ駄目で、お客さんにどうアピールするかが大切だからこそね。

――ところで、ハッピーパプリカは小牧市にまつわる歌も歌っているのでしょうか?

しょこら  今、小牧市の歌を作成中なので、今年中には披露します。今でも、全曲オリジナルで活動しているので、そこもハッピーパプリカの魅力だと思っています。

 

今は東京・静岡・名古屋が中心なんですけど。もっともっと各地で出会う確率を増やしたいなと思っています。

 

――これからもハッピーパプリカは,、いろんな地域へ足を運びながら活動を続けるんでしょうね。

しょこら  そうしていきます。今は東京・静岡・名古屋が中心なんですけど。もっともっと各地で出会う確率を増やしたいなと思っています。

りょうか  呼んでいただければ何処へでも行きます。

――では、最後にメッセージをお願いします。

しょこら  ハッピーパプリカは今二人なんですけど、もう一人みかんというオレンジの子がいます。彼女は今、活動休止中ですけど、その子の応援もお願いします。ハッピーパプリカは3人グループなんだよということをみんなに知っておいて欲しいです。やっぱし、3人でハッピーパプリカですので。

 

TEXT:長澤智典







    バンドマンにおすすめグッズ

    バンドマンにおすすめの本

    • この記事を書いた人
    Muses - ミューゼス編集部

    Muses - ミューゼス編集部

    音楽コミュニティサイト「Muses - ミューゼス」では、全国の音楽好きのみなさんの投稿記事を募集しています。 バンドマン・アーティストの方の投稿も歓迎 です。

    - インタビュー・コメント, 注目のアーティスト
    -, ,

    Copyright© Muses - ミューゼス , 2019 All Rights Reserved.