インタビュー・コメント

ぼくのりりっくのぼうよみ辞職前最後のオリジナルアルバム『没落』を全曲解説。本人自らが語った楽曲の裏側とデビューから辞職までの想い

投稿日:




サブスクリプション型(定額制)音楽ストリーミングサービス「AWA(アワ)」は、 2019年1月をもってアーティスト活動の終了を発表した、 ぼくのりりっくのぼうよみがリリースする最後のオリジナルアルバム『没落』の収録楽曲、 全11曲の制作秘話を語ったスペシャルヴォイストラックを2018年12月12日(水)に独占配信いたしました。

本企画は、 2018年12月12日(水)にリリースされたぼくのりりっくのぼうよみラストとなるオリジナルアルバム『没落』の配信を記念して実施されたもので、 『没落』に収録されている全11曲についてぼくのりりっくのぼうよみ自身が、 楽曲への想い、 制作秘話を語っています。

「僕、 “天才“をやめようかなと思って。 ぼくのりりっくのぼうよみというアーティストを葬ろうと思っております」と2019年1月末をもって、 活動に終止符を打つことを発表したぼくのりりっくのぼうよみ。 高校3年生だった2015年12月、 1stアルバム『hollow world』でメジャーデビューして以来、 映画『3月のライオン』前編主題歌、 資生堂『アネッサ』CMソングなど、 立て続けに大型タイアップを担当し、 さらに雑誌『文學界』にエッセイを寄稿するなど、 音楽フィールド以外でもわずか3年という短い時間の中で、 その才能を開花させてきた。 そんな彼が辞職の発表・Twitterでの炎上などを経て、 全てから開放され、 やりたい音楽だけを詰め込んだという、 ラストとなるオリジナルアルバム『没落』。 全11曲の誕生の裏側について、 そしてこの3年で何を失い、 何を感じたのかについて語ってもらった。 今回、 AWAではスペシャルヴォイスと本作品の収録曲を交えてプレイリストでご紹介。 彼自身が「ぼくのりりっくのぼうよみとしての3年間のすべてがこの1枚の為にあった」と語った本作品と、 ぼくのりりっくのぼうよみ自らが語る1曲1曲に込められた想いをぜひ聴いてください。

▼ぼくのりりっくのぼうよみコメント
「没落したい。 築き上げたものを放棄して、 破壊して、 喪失して、 没落したい。 いまの自分の中にあるものはそれだけです。 この『城』を破壊した時にはじめて、 人間を超越することができる。 その先の景色を見ることができるんだと思います。 『没落』ぜひ聴いてください、 よかったら『人間』だった頃も。 」

さらに、 AWA公式Twitterでは、 ぼくのりりっくのぼうよみのサイン入りAWAキャップが当たるプレゼントキャンペーンも実施中。 AWA公式Twitterの指定の投稿をリツイートし、 本アカウントをフォローされた方の中から抽選でプレゼント致します。

■『 ぼくのりりっくのぼうよみ “ 没落 誕生の裏側
01. Voice Tracks“没落”誕生の裏側 -Opening Talk-
02. Voice Tracks“没落”誕生の裏側 -遺書-
03. 遺書
04. Voice Tracks“没落”誕生の裏側 -あなたの手を握ってキスをした-
05. あなたの手を握ってキスをした
06. Voice Tracks“没落”誕生の裏側 -二度と来ない朝-
07. 二度と来ない朝
08. Voice Tracks“没落”誕生の裏側 -断罪-
09. 断罪
10. Voice Tracks“没落”誕生の裏側 -人間辞職-
11. 人間辞職
12. Voice Tracks“没落”誕生の裏側 -輪廻転生-
13. 輪廻転生
14. Voice Tracks“没落”誕生の裏側 -僕はもういない-
15. 僕はもういない
16. Voice Tracks“没落”誕生の裏側 -祈りを持たない者ども-
17. 祈りを持たない者ども
18. Voice Tracks“没落”誕生の裏側 -曙光-
19. 曙光
20. Voice Tracks“没落”誕生の裏側 -没落-
21. 没落
22. Voice Tracks“没落”誕生の裏側 -超克-
23. 超克
24. Voice Tracks“没落”誕生の裏側 -Ending Talk-

▼プレイリストURL
mf.awa.fm/2LdlGpP

ぼくのりりっくのぼうよみ
現役大学生、 20歳。 早くより「ぼくのりりっくのぼうよみ」、 「紫外線」の名前で動画サイト等に投稿を開始。 高校2年生の時、 10 代向けでは日本最大級のオーディションである『閃光ライオット』に応募、 ファイナリストに選ばれる。 提携番組であるTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」で才能を高く評価されたことで一躍脚光を浴び、 まだ高校3年生だった2015年12月、 1stアルバム『hollow world』でメジャー・デビュー。 “sub/objective”や“Sunrise(re-build)”等のヒットと共に、 大きな話題を集める。 言葉を縦横無尽に操る文学性の高いリリックは多方面から注目を集めており、 雑誌『文學界』にエッセイを寄稿するなど、 音楽フィールド 以外でも才能を発揮している。 2017年、 映画『3月のライオン』前編主題歌、 資生堂『アネッサ』CMソング、 テレビ東京ドラマ25『SR サイタマノラッパー~マイクの細道~』エンディングテーマなど、 立て続けに大型タイアップを担当し、 早くも3rd ALBUM『Fruits Decaying』をリリース。

アプリ概要
「AWA(アワ)」は、 サイバーエージェントとエイベックス・デジタル株式会社の共同出資によるAWA株式会社が提供する、 サブスクリプション型(定額制)音楽ストリーミングサービスです。 2015年5月にサービスの提供を開始し、 配信楽曲数は5,000万曲、 著名人およびユーザーが作成したプレイリスト数は約1,000万件におよびます。 2016年11月には、 「オフライン再生」を除くすべての機能が月額無料で利用できる新「Freeプラン」を発表。 楽曲のショートバージョンをクロスフェードで再生できる新機能「ハイライト再生」も追加し、 累計ダウンロード数は1,700万ダウンロードを突破いたしました(2018年7月16日時点)。 また、 2017年12月に発表された、 Google Play発表「ベスト オブ 2017」日本版にて、 アプリの中で頂点となる「2017年 ベストアプリ」を受賞し、 名実ともに国内最大規模の音楽ストリーミングサービスへと成長しています。

名称:「AWA(アワ)」  http s ://awa.fm/
推奨環境:<スマートフォン版>iOS 10.0以降、 Android 6.0以降
<PC版>Windows 7, 8, 8.1, 10 (32/64bit)、 Mac OS X 10.9 Mavericks以上
<埋め込みプレイヤー> Google Chrome (最新版)、 Microsoft Edge (最新版)、
Safari (最新版), Internet Explorer 11以降
価格:Standardプラン(月額 税込960円)/ Freeプラン(月額 無料)
提供開始:2015年5月27日

URL
AWA: http s ://awa.fm/
App Store: https://itunes.apple.com/jp/app/awa-music/id980578855
Google Play: https://play.google.com/store/apps/details?id=fm.awa.liverpool
デスクトップ版アプリ: https://awa.fm/download/
AWA最新情報: https://news.awa.fm/
AWA公式Twitter: https://twitter.com/awa_official?lang=ja

会社概要
社名:AWA株式会社(読み:アワ)
所在地:東京都港区南青山三丁目1番30号エイベックスビル
代表者:代表取締役社長 小野 哲太郎
事業内容:音楽ストリーミングサービス 等
設立日:2014年12月1日

お問い合わせ先
AWA広報担当press@awa.fm







バンドマンにおすすめの本

  • この記事を書いた人
Muses - 最新音楽ニュースまとめ

Muses - 最新音楽ニュースまとめ

最新の音楽ニュースをピックアップ! 邦楽ロック、インディーズ、洋楽、たまには演歌まで、日本の音楽シーンの今をお届けします。

- インタビュー・コメント
-, , , , , , , , ,

Copyright© Muses - ミューゼス , 2019 All Rights Reserved.