音楽プレイリスト

CIVILIANが選曲したプレイリストを「AWA」で公開中!“ルーツになった曲”をテーマに楽曲をセレクト!さらに新曲の制作秘話や結成当時の思い出を語ったインタビューも同時公開。




サブスクリプション型(定額制)音楽ストリーミングサービス「AWA(アワ)」は、 2018年9月19日(水)にCIVILIANが“ルーツになった曲”をテーマに選曲したプレイリスト『CIVILIANが選ぶ「ルーツになった曲」』を公開いたしました。 また、 8月にリリースした最新曲「何度でも」の制作秘話や結成当時の思い出、 普段のライブや全国ツアーに対する思いを語ったインタビューも同時公開。

今回公開されたプレイリスト

胸を突き刺す歌詞とサウンドが聴く者を魅了するスリーピースロックバンド、 CIVILIANが、 2018年9月18日に解禁された全国ワンマンツアー『“Hello,civilians.” 2019全国編』の発表を記念して作成されたもので、 “ルーツになった曲”をテーマにメンバーそれぞれが楽曲をセレクトしています。 また、 選曲理由を語ったコメントも公開。 Vo,Gt:コヤマヒデカズは、 “音楽表現の基礎は全て、 日本語で歌を歌い楽器を弾く日本のアーティスト”と語るように、 椎名林檎「宗教」やTHE BACK HORN「幾千光年の孤独」などの邦楽アーティストをセレクトしています。 Ba:純市は、 ベースを弾くきっかけとなったLUNA SEAの「Dejavu」を、 Dr:有田清幸は一番好きな映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のエンディング曲Huey Lewis And The Newsの「Back in time」など、 それぞれの礎を築いた楽曲を選曲。 さらに今回は、 CIVILIANに8月にリリースされた最新曲「何度でも」の制作秘話や結成当時の想い出、 普段のライブや全国ワンマンツアー『“Hello,civilians.” 2019全国編』に対する思い、 定額制音楽ストリーミングサービスに対するバンドマンとしての率直な意見を語ったスペシャルインタビューも同時公開しています。 ぜひ、 プレイリストとインタビュー合わせてお楽しみください。

▼CIVILIANインタビューURL
https://news.awa.fm/jpn/2018/9/19/civilian

また、 AWA公式Twitterでは、 CIVILIANのサイン入りAWAキャップが当たるプレゼントキャンペーンも実施中。 AWA公式Twitterの指定の投稿をリツイートし、 本アカウントとCIVILIAN公式アカウントをフォローされた方の中から抽選でプレゼント致します。

▼AWA公式Twitter対象投稿URL
https://twitter.com/AWA_official/status/1042247708486987776

「AWA」は、 2015年5月にサービスの提供を開始し、 配信楽曲数は約5,000万曲、 「AWA」でしか聴くことができない著名人およびユーザーのプレイリスト数は約1,000万件におよぶなど、 国内最大規模の音楽ストリーミングサービスへと成長してまいりました。 現在AWAでは、 好きな楽曲をAWAのシェア機能を使用してTwitterに投稿すると抽選でワイヤレスイヤホンが当たる『5,000万曲突破キャンペーン』を展開中。 さらに、 初めてStandardプランに登録した方を対象に、 通常1か月の無料トライアル期間を今なら3か月に延長しております。 (※1)今後も新しい音楽との「出会い」と「再会」を快適に楽しめるようなサービスを追求し、 機能や楽曲の拡充を行うとともに、 日本の音楽業界全体の盛り上げを目指してまいります。

(※1)AWAの無料トライアル未経験の方に限ります。 Google Play、 またはAWA公式ホームページでお申込みされた場合は90日間。 App Storeでお申込みされた場合は3か月間の無料期間が付与されます。

■ CIVILIAN プレイリス ト『CIVILIANが選ぶ「ルーツになった曲」』
01. 何度でも / CIVILIAN
02. 宗教 / 椎名林檎
03. あなたへの月 NEW MIX / Cocco
04. さくら / syrup16g
05. 幾千光年の孤独 / THE BACK HORN
06. NUM-AMI-DABUTZ / ナンバーガール
07. 夜は光を掩蔽し、 幾多の秘密を酌み、 さかしまな『夢想』を育む。 (Live in Kaohsiung ver) / te'
08. 気球 / People In The Box
09. ハロ/ハワユ / CIVILIAN
10. どうでもいい歌 / CIVILIAN
11. Dejavu / LUNA SEA
12. BLOW BACK [HOUSE OF THE RISING FUNK] / YKZ
13. Hair / Graham Central Station
14. Give It Away / Red Hot Chili Peppers
15. Proceed / The Roots
16. Fight the Youth / Fishbone
17. Gin & lime / Sugar Soul
18. 赫色 -akairo- / CIVILIAN
19. ディストーテッド・アガペー / Lyu:Lyu
20. Like Someone In Love / Björk
21. Heal the World / Michael Jackson
22. Back in Time / Huey Lewis And The News
23. Virtual Insanity (Remastered) / Jamiroquai
24. 心もつれて / 古内東子
25. 中央線 / 矢野 顕子
26. サマージャム '95 / スチャダラパー
27. 暁 / Lyu:Lyu
28. 生者ノ行進 / CIVILIAN

▼メンバー選曲コメント
【Vo,Gt:コヤマヒデカズ】
僕の音楽表現の基礎は全て、 日本語で歌を歌い楽器を弾く日本のアーティスト達によって作られています。 ただの言葉の羅列が、 ただの音の重なりが、 音楽となって放たれた時にこんなにも心を震わせるものになるのだということを、 僕に教えてくれた人達です。 何年経っても、 聴く度に新しい発見がある曲たちばかり。 僕はきっとこの人達の音楽を死ぬまで聴いて死ぬと思います。 本当はもっともっと入れたいバンドやアーティストがあるんだけど、 断腸の思いで絞りに絞ってさらに今の気分も加えて、 選びました。 聴いてみてね:)

【Ba:純市】
LUNA SEAの「Dejavu」は学生の頃に先輩に聴かせてもらってすごく衝撃を受けてベースを弾きはじめるきっかけになった曲です。 YKZ「BLOW BACK [HOUSE OF THE RISING FUNK]」はミクスチャーにハマっていた時期にかなり聴いていて、 イントロのスラップベースが入った瞬間に腰が砕けました。 グラハムの粘っこくどっしりしていてアタッキーで生々しいチョッパーが唯一無二のグルーヴで大好きなGraham Central Station「Hair」や洋楽で初めて知ったバンドRed Hot Chili Peppersの「Give It Away」、 Questloveのドラムプレイが気持ちよくて永遠と聴いていられるThe Roots「Proceed」。 Fishboneのいろんなジャンルをごちゃ混ぜにした感じが大好きな「Fight the Youth」。 Norwood Fisherの髭もリスペクトしています。 トラックがシンプルで重たいグルーヴがエロかっこいいSugar Soul「Gin & lime」など、 ベーシストとして影響を受けた、 リスペクトしているアーティストの楽曲を選びました。

【Dr:有田清幸】
自分が音楽好きになったきっかけのMichael Jacksonや、 一番好きな映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のエンディングになっているHuey Lewis And The Newsの「Back in time」。 ミュージシャンとしての方向性に迷っていた時にフジロックを観に行って改めて自分を見つめ直すきっかけになったBjörkなど、 様々な音楽人生の起点になった曲たちを集めました。

▼プレイリストURL
https://mf.awa.fm/2xsOT9F

■ CIVILIAN
2008年、 Voのコヤマヒデカズが同じ学校の卒業生であるBaの純市とDrの有田清幸に声をかけバンド結成。 退廃的な世界と攻撃的な楽曲が試聴サイトやライブ会場で話題となり、 2010年オリコン主催による一般リスナーが選ぶネクストブレイクアーティストに選出された1stミニアルバム『32:43』にてインディーズデビュー。 絶望的ともみられる言葉の連続の中に微かな希望をリアルに描写するVoコヤマの圧倒的な世界が貫かれたスリーピース・ロックバンド。 2016年にバンド名を「Lyu:Lyu」から「CIVILIAN」に改名。 同年8月3日、 1stシングル「Bake no kawa」をリリース。 同年秋から放送となる読売テレビ・日本テレビ系ドラマ『黒い十人の女』の主題歌として新曲「愛/憎」(読み方:アイトゾウ)を書き下ろす。 数々のタイアップを手がけ、 最新曲「何度でも」はスクウェア・エニックスによる人気RPGシリーズのスマートフォン向け作品『スターオーシャン:アナムネシス -TWIN ECLIPSE-』のテーマソングに大抜擢される。

■ アプリ概要
「AWA(アワ)」は、 サイバーエージェントとエイベックス・グループの共同出資によるAWA株式会社が提供する、 サブスクリプション型(定額制)音楽ストリーミングサービスです。 2015年5月にサービスの提供を開始し、 配信楽曲数は5,000万曲、 著名人およびユーザーが作成したプレイリスト数は約1,000万件におよびます。 2016年11月には、 「オフライン再生」を除くすべての機能が月額無料で利用できる新「Freeプラン」を発表。 楽曲のショートバージョンをクロスフェードで再生できる新機能「ハイライト再生」も追加し、 累計ダウンロード数は1,700万ダウンロードを突破いたしました(2018年7月16日時点)。 また、 2017年12月に発表された、 Google Play発表「ベスト オブ 2017」日本版にて、 アプリの中で頂点となる「2017年 ベストアプリ」を受賞し、 名実ともに国内最大規模の音楽ストリーミングサービスへと成長しています。

名称:「AWA(アワ)」  http s ://awa.fm/
推奨環境:<スマートフォン版>iOS 9.0以降、 Android 6.0以降
<PC版>Windows 7, 8, 8.1, 10 (32/64bit)、 Mac OS X 10.9 Mavericks以上
<埋め込みプレイヤー> Google Chrome (最新版)、 Microsoft Edge (最新版)、
Safari (最新版), Internet Explorer 11以降
価格:Standardプラン(月額 税込960円)/ Freeプラン(月額 無料)
提供開始:2015年5月27日

■ URL
AWA: http s ://awa.fm/
App Store: https://itunes.apple.com/jp/app/awa-music/id980578855
Google Play: https://play.google.com/store/apps/details?id=fm.awa.liverpool
デスクトップ版アプリ: https://awa.fm/download/
AWA最新情報: https://news.awa.fm/
AWA公式Twitter: https://twitter.com/awa_official?lang=ja

■ 会社概要
社名:AWA株式会社(読み:アワ)
所在地:東京都港区南青山三丁目1番30号エイベックスビル
代表者:代表取締役社長 小野 哲太郎
事業内容:音楽ストリーミングサービス 等
設立日:2014年12月1日

■ お問い合わせ先
AWA広報担当press@awa.fm







バンドマンにおすすめグッズ

バンドマンにおすすめの本

  • この記事を書いた人
Muses - ミューゼス編集部

Muses - ミューゼス編集部

音楽コミュニティサイト「Muses - ミューゼス」では、全国の音楽好きのみなさんの投稿記事を募集しています。 バンドマン・アーティストの方の投稿も歓迎 です。

-音楽プレイリスト
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

© 2020 Muses - ミューゼス