作曲のコツ

【曲作り】作曲するなら、ギター、ピアノ、パソコン、どの楽器がおすすめ?

投稿日:2019年1月9日




曲の3要素

楽器を論じる前に、曲が成り立つために必要なものを考えましょう。
曲に不可欠な要素は、メロディー・コード・リズムの三つです。

作曲という作業を楽器でするのであれば、この三つすべてを行うことができればベストでしょう。

例えば、トランペットで作業すると、音は出ますが単音です。
一つの音しか鳴らすことができないので和音にならず、コードを鳴らすことは不可能です。

つまり、トランペットは、メロディーを作ることだけには適しているかもしれないが、コードとメロディーの関係を試すことはできない楽器といえるでしょう。

ギターかピアノが一般的

複数の異なる高さの音を出す楽器が、メロディーとコードを鳴らすことのできる楽器ですのでギターかピアノで作曲する人が多いのだと思います。

ギターは、いわゆるコードの押さえ方から覚え始めて、演奏方法を習得していく人が多い楽器です。
ただし、ギターは片手でコードを押さえるのが原則なので、手の大きさ・指の長さにより押さえることのできない音が生じる楽器です。

また、ギターでメロディーとコードを同時に鳴らすのは、演奏技術としては高度ですし、前記のように物理的に押さえることのできない場合もあるので、制約が大きい楽器です。

その点、ピアノは右手でメロディー、左手でコード、というように両手で役割を分担することができるので、ギターよりも自由度が高いです。

リズムはどうする?

今までメロディーとコードのことを述べてきましたが、リズムを奏でることを忘れているわけではありません。
三つをすべて鳴らす物は、電力を用いた楽器でないと存在しないのではと思います。

そのため、近ごろはプロ・アマを問わずパソコンで作曲する人が増えています。
パソコンでの作業は音楽制作ソフト(DAW)を用いるのですが、3要素を鳴らすための音源がDAWに用意されているので、楽器の演奏が苦手な人も、正確な音程・テンポで奏でることが可能なのです。

では、ギターやピアノはダメなのかといえば、私はそうは思いません。

リズムの基本を刻むことは、ギターやピアノでも可能ですし、メロディーを作る際にも作曲者は体(心)でリズムを刻んでいるはずです。
演奏面の軽減や作業効率で劣るかもしれませんが、曲自体がパソコンで作ったものに負ける、ということはないと思います。







  • この記事を書いた人
Muses - ミューゼス編集部

Muses - ミューゼス編集部

音楽コミュニティサイト「Muses - ミューゼス」では、全国の音楽好きのみなさんの投稿記事を募集しています。 バンドマン・アーティストの方の投稿も歓迎 です。

- 作曲のコツ
-, ,

Copyright© Muses - ミューゼス , 2019 All Rights Reserved.